2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

「奇想天外なやきものたち」と「獅子と狛犬」

 9月のネタだが、滋賀県立陶芸の森陶芸館の「奇想天外なやきものたち」MIHO MUSEUM「獅子と狛犬—神獣が来たはるかな道—」に行ってきた。滋賀県の美術館は車でないと行きにくい場所にあることが多いので、なかなか行く機会がつかめない。今回前者の招待券が懸賞であたったので、ダンナと休日をあわせられた日に「えいや!」と行ってきた。陶芸の森なんて、昔「世界陶芸祭セラミックワールドしがらき’91」に来たとき以来だから、20年以上ぶり? 坂があって広かった以外、どんな様子だったか、まるっきり覚えていない。日曜日だとは思えない穏やかさで、近所の家族連れが車でやってきて、広場で弁当を広げてのんびり過ごしているって感じ。犬やペットも入れるようで、連れている人も多い。陶芸館は、常設はなく、この特別展だけで、そんなに広くない。「奇想天外なやきものたち」は、タイトルのとおり、あまり生活の役にたたないけれど、色鮮やかで遊び心がいっぱいの作品ばかりだった。外国の人の作品が以外と多かった。残念ながら、図録はない。館内に常設はないけれど、陶芸の森の敷地内には、野外作品はあちこちにあって、散歩がてら歩き回ると宝探しのようで楽しい。登り窯などいくつか釜があるし、創作研修館という作業場もある。レストランも明るく新しく、ゆっくりリフレッシュできる場所だった。
 そのあと、せっかく滋賀まで来たのだからと、MIHO MUSEUMにも足をのばした。ここは、昨年土偶の展示の時に初めて行った。今回が2度目である。こっちは、行くまではほとんど車が通っていなかったのに、着いたら大にぎわいだった。駐車場には団体バスとかもあったので、おそらく何割かは信者さん? 昨年は会期が終わるギリギリだったので、雪が舞っていたが、今回は暑いくらいのいい天気だった。色々な阿吽のペアがいて、その微妙に違う表情をしげしげを拝んだ。こちらは図録があり、立派なもので、青幻舎発行で書店売りもしている。


Img_0529


Img_0532


Img_0537


Img_0540


Img_0541


2014年10月12日 (日)

10月12日「関西コミティア45」に参加します

 こんな時間にUPしてだれがみるんだろうと思いながら、しないよりしておいたほうがいいよなと思って書き込みます。夏のネタをこなさないうちに、秋の即売会のお知らせをすることになってしまいました。

 10月12日(今日ですね、もう(^-^;)の大阪の天満橋OMMビルで開催される「関西コミティア45」に参加します。スペースはF−12(アバウトまんなかへんです)です。おやつも用意していますので、よろしければぜひ、お立ち寄りください。
 新作切り絵しおりは、秋の黒ネコです。秋物の3点の写真をこちらに掲載します。絵柄はちょっと一般的すぎて面白くないのですが、夏に作ったカンブリア生物シリーズはSF大会と夏コミしか出していないので、関西初です。ディープなネタのほうがお気に入りの方はこちらをごらんください。
マンガのほうは、オモテ稼業の繁忙が続いていて、よちよちとしかすすんでいません。m(_ _)m


Img_0694


Img_0697_2


Img_0698_2


2014年10月 7日 (火)

「諸星大二郎原画展」

 8月27日(水)から9月2日(火)まで大阪梅田の阪神百貨店で開催された。実は、これを目的に出かけたわけでなく、夏の青春18キップが残っていたので、消化のために須磨海浜水族園に行った帰りに大阪に立ち寄ったのだ。昨年の秋に京都国際マンガミュージアムで原画展 があったので、「同じようなものかなあ」とあまり期待せずに行ったのだが……、前回の原画展はほとんどカラー原画だったが、今回はモノクロ原画がたくさんあって、全体の点数も多かった。これは、よかった、1週間しかしないなんて、もったいない。期間が短いせいか、チラシさえなく、図録もなかった。隣で「攻殻機動隊大原画展」が開催されていた。二つあわせての割引券なんてないのかしら?と思ったけれど、なかった。期間が異なるし(攻殻は9月8日まで)、チケットの価格も違うし、「攻殻機動隊」は士郎正宗の漫画ではなくアニメ版の原画展のようで、こちらの方が大々的だった。単に隣でやっていただけの別企画のようだ。
 昔の『暗黒神話』『孔子暗黒伝』などの懐かしい原画もあって、マジマジと見てしまった。山田章博さんに続いて、すべてアナログ原稿の原画展だ。やっぱっりナマ原稿はいいなあ。諸星さんはアシスタントを使っていないと聞いているし(ベタや消しゴムかけぐらいはだれかに手伝ってもらっているかも?)、一人でコツコツと描いた原稿はやっぱり独特の世界だなあ。それに、切り絵やゴム版画なども展示されていて、けっこう器用な人なのか。意外と混んでいたけれど(会期中唯一の週末だから?)、みんなゆっくりじっくり堪能していた。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »