2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 日本SF大会なつこんレポート その3 7月20日(2日目) | トップページ | 「日本SF展・SFの国」 »

2014年9月28日 (日)

日本SF大会なつこんレポート その4 7月21日(オプショナルツアー)

 なつこんで、オプショナル見学ツアーが大会終了の翌日21日(月/祝)に企画されたので、せっかくつくばに行くのだからと申し込んだ。ところが、18日夜の出発までに、受付確認のメールとかの返事がこない。定員オーバーなら断りのメールが来るだろうが、来ないのだからまず大丈夫だろうと見切りで出発した。20日の閉会式でも周知がなかったので、帰りにインフォメーションで聞いてみたら、受理はされているようだった。(大会が始まったら、オプショナルツアーのことをすっかり忘れてしまっていた)
 さて、当日朝、つくば国際会議場に集合し、バス1台で出発。見学施設は、「高エネルギー加速器研究機構(KEK)」、「地図と測量の科学館(国土地理院)」、「地質標本館(産総研)」の3カ所である。
 「高エネルギー加速器研究機構(KEK)」では、藤本博士とうるの拓也さん(KEKサイトで物理マンガ「カソクキッズ」を連載)のおたくな解説つき。敷地が広くて、その中の建物から建物へもバスで移動https://www.gsj.jp/Muse/した。KEKにあるのは、BelleⅡ(ベルツー)測定器とSuperKEKB(スーパーケックビー)加速器。加速器で光速に近い早さに加速した電子と陽子を、測定器の位置する衝突点で衝突させるという実験をしている。ここで、TV番組「ガリレオ」のロケもあったらしい。また、KEK内の放射光科学研究施設フォトンファクトリーにも行った。それぞれどんな施設かはヘタな解説を私が書くより、KEKのHPのほうが詳しくわかりやすい。
 「地図と測量の科学館(国土地理院)」は自由見学。こっちは古地図や測量の方法や地図記号や3Dで見られる日本列島やお弁当をひろげられるような広場もあって、小学校の社会見学向きの施設。
 「地質標本館(産総研)」 が、地層や地震や化石や地質学に関する研究成果を一般向きに公開している施設。地図と測量の科学館よりもちょっとディープなかんじ。加えて、ここは、自由見学の予定だったようだが、対応してくれた方がもとつくば大のSF研の人で、うれしそうに展示物をディープに解説してくれて、時間が足りなくなり、後半を駆け足でまわることになった。
 今回のオプショナルツアーはこの3箇所で、つくばエキスプレスの駅前つくばセンターで解散となったが、強者はそのあと「つくばエキスポセンター」に向かったようである。「つくばエキスポセンター」は1985年の科学万博の第2会場の跡地であり、私も当時一度来たけれど、どこがどうなっていたのかまるっきり覚えていない。他にもJAXAの筑波宇宙センターなど有名どころの見学ポイントもあるので、また再訪したいところである。
 写真はKEKのBelleⅡ、地図と測量の科学館の日本列島空中散歩マップ(専用の赤青メガネでみると立体的に見える)、「地質標本館」のロビーにある地球の中心から見上げた日本列島。

 あ、結局、オプショナルツアーのお知らせメールは前日20日の昼間にパソコンのメルアドに届いていたのを、帰ってきてから見つけた。転送設定をしておくべきだったか。

2014nutsconopu1


2014nutsconopu2


2014sf_105

« 日本SF大会なつこんレポート その3 7月20日(2日目) | トップページ | 「日本SF展・SFの国」 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/60385658

この記事へのトラックバック一覧です: 日本SF大会なつこんレポート その4 7月21日(オプショナルツアー):

« 日本SF大会なつこんレポート その3 7月20日(2日目) | トップページ | 「日本SF展・SFの国」 »