2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« そうさく畑収穫祭2014春、新作切り絵しおり | トップページ | 演劇「パノラマ-唐ゼミ☆版」 »

2014年4月20日 (日)

映画『ホビット –竜に奪われた王国ー』

 またまた、間が空いてしまいました。年度末年度初めはオモテ稼業も忙しいのですが、それよりも4月に入ってガンと花粉症がきました。鼻が詰まって、寝不足になって、頭も回転も動きも鈍くなります。言い訳はこれぐらいにして、とりあえず行きます。

 この映画も封切り1週間後ぐらいに観たのに、感想が今に至ってしまった。もうシネコンでも終わっているか、上映が日に1〜2回に減ってしまっている。さらに、前作『ホビット –思いがけない冒険ー』を観たのはいつ? と思ったら、ほぼ1年前だった。今回も2Dの字幕で観てきた。ということは、第3部はさらに1年後? もう記憶がついていかないかも知れない。
 原作にこんなスペクタクルなシーンあったっけ?と思いながら、樽の急流下りやエルフとオークの戦いを観ていて、帰ってから原作を確認すると淡々と2〜3ページで終わっていた。原作にはエルフはでてくるが、レゴラスやタウリエルという固有名詞は出てこない。やっぱり映像的に目立つ美形は必要? 原作には書かれていない分かれた間のガンダルフの動向や中つ国の時代背景を書き足しているようだ。前作もだけど、映像的に見場よく盛り上げて創っていて、映画としては成功しているとは思うのだが、そういった視覚的な印象ばかりが残って、ストーリーが断片的になって追えない。え〜っと、このドワーフたち何しにいってるんだっけ?と時々忘れてしまう。いや、いいんだけどね、だいたいストーリーを知っている人は、基本の流れがわかっているので気にしない。ストーリーを知らない人も「わあ。すごい!」と映像的に満足する。ちゃんと第1部のゴクリとの謎かけや今回でもスマウグのねぐらとかポイントになるシーンは押さえている。
 さあ、第3部まで付き合いますぜ!

« そうさく畑収穫祭2014春、新作切り絵しおり | トップページ | 演劇「パノラマ-唐ゼミ☆版」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もいち早く見に行ったんですけど、まだ書く順番が回って来ません(^^; もう10本ぐらい溜まってます。

問題は主人公なのにビルボの立ち位置がどうも不明瞭。原作だと徐々に周囲に認められてくるようになってるのに。
あと追加の女エルフはレゴラスとどうこうという話かと思ったら、意外にもキーリと……(!o!) しかし、この身長差はいかんともしがたいのであります。

さわやか革命さん>
私も書く時期を逸してしまって流したネタもあります。
溜まっていくとだんだん忘れていったり、まあいいかと思ってしまうものはイマイチなのかと諦めたり。
ビルボ、たしかに少しずつ認められてはいるような気もするのですが、他の派手なシーンに埋もれてしまってるような気がします。
キーリは、たしかにドワーフのなかではイケメンを充てているなあと思ったら、そういうわけだったのね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/59499778

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ホビット –竜に奪われた王国ー』:

« そうさく畑収穫祭2014春、新作切り絵しおり | トップページ | 演劇「パノラマ-唐ゼミ☆版」 »