2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 映画『ホビット –竜に奪われた王国ー』 | トップページ | 映画『神さまがくれた娘』 »

2014年4月21日 (月)

演劇「パノラマ-唐ゼミ☆版」

 美術家やなぎみわさんは、しばらく演劇に傾倒している。1920〜30年代に凝っていて、詳しい。最近はパノラマ館にこだわっている。そして今回、元・立誠小学校でおこなわれた「パノラマ・プロジェクト【京都編】」の中で、唐十郎の教え子たちの劇団「唐ゼミ☆」(白星のマークがつく)と組んで、3月28日〜30日にパノラマ-唐ゼミ☆版」を上演した。
 パノラマ館は日清・日露戦争の時代に空前のブームを巻き起こし、衰退していった。円柱の内側に360度つづき絵が描かれていて、真ん中に立ってみると、その世界に入り込んだような錯覚に陥る装置らしい。萩原朔太郎の著作にも記されている。これがまた、あちこちギシギシきしみ、ガラスは波打ってみえて、ちょっと廃墟のように壊れかけた元・立誠小学校によく似合う。講堂のようなスペースに簡易椅子や桟敷で客席ととった座り心地の悪さがまたいい。やなぎみわさんは、2012年になにわ橋の「アートエリアB1」で、「パノラマ〜鉄道編〜」を公演している。残念ながら観に行けなかったが、それより前の夏に、鳥取で「PANORAMA〜パノラマ〜 鳥の劇場」というのも公演している。毎回、舞台に会わせて演出や脚本もかえているようで、こだわりを感じる。
 今回は唐組とのコラボということで、登場人物がやや多く、台詞もやや多く、いつもより「動」のイメージだった。戦争が身近な不幸な時代だが、そこに生きている人々はパノラマ館のようにはかなく鮮やかだ。
Img_0139


« 映画『ホビット –竜に奪われた王国ー』 | トップページ | 映画『神さまがくれた娘』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/59504158

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇「パノラマ-唐ゼミ☆版」:

« 映画『ホビット –竜に奪われた王国ー』 | トップページ | 映画『神さまがくれた娘』 »