2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 神戸-アジア コンテンポラリーダンス・フェスティバル#3 | トップページ | そうさく畑収穫祭2014春、新作切り絵しおり »

2014年3月11日 (火)

写真集『BEFORE THEY PASS AWAY』

 『BEFORE THEY PASS AWAY』JIMMY NELSON著 (teNeues 刊)
 昨年の秋頃、Twitterからリンクされたページでこの写真集を知ったとき、1枚1枚のあまりのカッコよさに「ほしい!」と思った。タイトルも印象的で、日本語で言うと「彼らが去りゆく前に」。これまでの世界の歴史の中で、いなくなってしまった民族は多々ある。それを考えると、ただ単にカッコイイだけでは済まされないとは思うが、文化に優劣はなく、少数民族の文化を少しでも知って敬意をはらいたい。けれど、密林でみると、16000円以上したので、「う〜ん」と躊躇していた。でも、やっぱり諦めきれなくて、2月に「エイや!」と注文してしまった。
 すると、本1冊とは思えないダンボールが届いた。開けてみると、……デカイ!重い!厚い! 縦37㎝×横30㎝×厚さ5㎝、重さ5キロの本だ。ページにすると400ページを超える。写真はオールカラーで、解説が英語・ドイツ語・フランス語で書かれている。印刷はイタリアでされたらしいが、ISBNが978-3-8327-9759-1なので、3だとドイツ発行になるのか? JIMMY NELSONはイギリス人らしいが。内容も発行もグローバル。
 収録された写真はすごいボリュームだ。アジア、アフリカ、南米…世界を巡る。2月に『NATURAL FASHON』で紹介したエチオピアのムルシ族も載っている。 割とメジャーなところでは、マサイ、カザフ、チベタン、ムスタン、マオリ、バヌアツなど。人も自然もすばらしい。ただ、この写真集の特徴は、「自然な生活の一部を切り取った写真」ではない。写っている人物はしっかりカメラ目線で、「これは合成?」と思ってしまいそうなほど構図もバッチリ決まっている。ハレの日のポートレート、表紙や扉絵のような写真は、やや「つくられた」という印象を持ってしまう。そのあたり、ちょっと好き嫌いがでるかもしれない。
 このプロジェクトのホームページはこちら。(ただし、英語)

Img_0112


« 神戸-アジア コンテンポラリーダンス・フェスティバル#3 | トップページ | そうさく畑収穫祭2014春、新作切り絵しおり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/59272517

この記事へのトラックバック一覧です: 写真集『BEFORE THEY PASS AWAY』:

« 神戸-アジア コンテンポラリーダンス・フェスティバル#3 | トップページ | そうさく畑収穫祭2014春、新作切り絵しおり »