2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« スライドトーク「インド〈Tarabooks〉の愉快な本づくり」 | トップページ | マンガ『アル中病棟 –失踪日記2−』 »

2014年1月30日 (木)

「小松左京マガジン」50巻にて完結

 発行が9月28日だから、ずいぶん読むのが遅くなってしまったが、2001年小松先生が古希を契機に創刊した同人誌「小松左京マガジン」が、お亡くなりになって3回忌となるこの巻で幕を閉じた。充実した13年間と、鮮やかな引き際に拍手を贈りたい。
 表紙は、表1から表4までの4面を使って、1号から49号までの表紙を一同に並べている。とても壮観! 今号には、小松左京を巡って、2つの座談会を新しく企画して掲載している。一つは、石毛直道・古吟勲一・茂山あきら・小佐田定雄といったメンツで同人誌『上方風流(かみがたぶり)』に関わって、もう一つは山田正紀・萩尾望都・とり・みき・八代嘉美といったみなさんでSF関係のおはなし。どちらも濃い人たちばかりなので、話も濃い。また、「第2回国際SFシンポジウム」のレポートもあった。これって、第1回が1970年に開催されていたのね。実に、43年降り! SF者のしつこさ、粘り強さあらわれている。(ちがうか?) この、大阪開催の時に、私も行きたかったんだよね。所用があって、泣く泣く諦めたのが、いまでも惜しい。

 「小松左京マガジン」完結、楽しく読ませて頂きました。どうもありがとうございました!

« スライドトーク「インド〈Tarabooks〉の愉快な本づくり」 | トップページ | マンガ『アル中病棟 –失踪日記2−』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/59035130

この記事へのトラックバック一覧です: 「小松左京マガジン」50巻にて完結:

« スライドトーク「インド〈Tarabooks〉の愉快な本づくり」 | トップページ | マンガ『アル中病棟 –失踪日記2−』 »