2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 演劇『レミング 〜世界の涯まで連れてって〜』 | トップページ | 歴博展示『幽霊・妖怪画大全集』 »

2013年7月 1日 (月)

民博展示『マダガスカル 霧の森のくらし』

 もう7月になってしまった。アート・展示ネタも会期が過ぎてしまった。宣伝して、みんなにおすすめしたいものも多かったのに残念だ。
 国立民族学博物館で3月14日〜6月11日に開催されていた特別展『マダガスカル 霧の森のくらし』は、オモテ稼業の異動のどさくさにまぎれて忘れていて、最終日の2日前に行ってきた。
 今回はいつもの特別展のエリアの1階部分のみで、やや小規模ではあったが、いろいろなアイディアが溢れている楽しい展示だった。いつぞやの『西アフリカおはなし村』を想い出す。観るだけでなく、聞いて、さわって、遊べて、体験できる。マダガスカルといえば、バオバブの木しか想い出せないのがなさけないが、今回の展示テーマはマダガスカルに暮らす森の民「ザフェリマリ」に人々の生活の様々だ。まず、入り口で、パンフのかわりに、「これに館内の説明を入れていってください」と大きな封筒を人わたされた。家をつくる、木彫りをする、植物を編む、子どもの遊びといろいろなエリアがある。真ん中には木彫りの住居が1軒丸ごとおいてある。展示品をさわったり、帽子をかぶったり、椅子や敷物の上に座れたり、木彫りや編み物の実演をみたり、子どもも作れる工作ができるコーナーもあったりして、実に楽しい。
 レストランではいつものごとく特別展関連メニューがあり、「ガシカーラ・ランチ」というのがあった。ちゃんと、説明メモがついていた。「ガシカーラ」というのは、国名「マダガスカル」を意味するマダガスカル語とのことだ。ごはんとトマトとマメのシチューというわりと素朴なメニューだった。肉も入っていたが、現地では肉が入るときはごちそうらしい。

 常設展の方も駆け足で回ってきたが、テーマ展示が新しく2つ展開していて、出口に近い図書コーナーが大幅にレイアウトを変えていて、むかしの「ドクターみんぱく」のような民具がさわれるコーナーが小規模に復活していてうれしかった。

130610_131207


« 演劇『レミング 〜世界の涯まで連れてって〜』 | トップページ | 歴博展示『幽霊・妖怪画大全集』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/57705873

この記事へのトラックバック一覧です: 民博展示『マダガスカル 霧の森のくらし』:

« 演劇『レミング 〜世界の涯まで連れてって〜』 | トップページ | 歴博展示『幽霊・妖怪画大全集』 »