2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「ボリウッド4」その(5) 『きっと、うまくいく』 | トップページ | 民博展示『マダガスカル 霧の森のくらし』 »

2013年6月25日 (火)

演劇『レミング 〜世界の涯まで連れてって〜』

 寺山修司作、松本雄吉演出で6月1日、2日に大阪のシアターBRABA!で上演された演劇、『レミング 〜世界の涯まで連れてって〜』。「維新派」の雄吉さんが演出するのなら行こうかと思ったけれど、春の異動が落ち着かないと行けるかどうかいけなかったので、チケットをとるのが出遅れてしまった。いつもの維新派ならいい席をとろうと最優先で見切り発車をするのだが、今回はそれほどの情熱がわかず、ほぼ1ヶ月前にチケットを確保したので、S席は売り切れ、A席になった。
 維新派は四半世紀にわたるファンだが、実は寺山修司は観たことがない。1970年代に一世を風靡した天井桟敷だが、東京の劇団だったし、その頃私は演劇など観る機会もない田舎のティーンエイジャーだった。映画も観なかったし、脚本も読んでいない。しかし、今回は、「寺山修司没後30年企画」のひとつなのだ。やっぱり観客のメインは寺山ファンかなあ、八嶋智人や常盤貴子などの役者陣のファンもいるかも知れない。地元大阪だから維新派ファンもそこそこいるかも。ファンの志向によって感想もちがってくるかなあと思う演目だった。なので、ゴメン、今回はストーリーのおもしろさはよくわからなかった。脚本は松本雄吉と少年王者館の天野天街となっているので、寺山修司の原作をだいぶかえているのかもしれない。寺山ファンからみた感想はどんなのかなあと興味がある。
 美術は林田裕至、音楽は内橋和久で、舞台の雰囲気はいつもの維新派だった。が、台詞のイントネーションは標準語なのがちょっと違和感。シアターBRABA!は今までいったことがない劇場だったが、入り口でオペラグラスを販売しているほど大きな劇場だったのでびっくりした。たしかに今回の席は2階席の後ろから2番目だったので、オペラグラスがあった方が役者の表情がよく見えただろうが、周辺で持参している人はみかけなかった。今回は舞台が俯瞰で全体が見えたので、役者の配置や動きが一望できたのがちょっと新鮮だった。

« 「ボリウッド4」その(5) 『きっと、うまくいく』 | トップページ | 民博展示『マダガスカル 霧の森のくらし』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/57660602

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇『レミング 〜世界の涯まで連れてって〜』:

« 「ボリウッド4」その(5) 『きっと、うまくいく』 | トップページ | 民博展示『マダガスカル 霧の森のくらし』 »