2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 『ギア—GEAR-』ver.2にリピーター | トップページ | 小説『機龍警察』、『機龍警察 自爆条項』 »

2013年1月28日 (月)

鳥取砂丘と砂の美術館

 実は、12月に懸賞で当たったバスツアーで鳥取砂丘と砂の美術館に行ってきた。ちょうどその前に寒波がきて、行く途中も日陰のあちこちに雪が残っていた。
 鳥取砂丘は20年以上前?か、ずいぶん昔に一度行ったきりなので、どんなだったかすっかり忘れていた。う〜ん、昔はもっと砂があったような気がする。砂丘の入り口から海岸線の丘の間にずいぶん窪みがある。風がふいてえぐれているのかなあ。この日も風がふいて、砂がうっすら風に舞って、砂面に模様ができていた。
 「砂の美術館」はそこから10分ほど歩いた別の場所にあった。あまり予備知識なく来てしまったので、私はなんとなく、サッポロ雪祭りのように、野外で砂の彫像が展示してあるものかと思っていたが、そうよね、雨とかもあるし吹きさらしでは保たないな。それにこれは期間限定のイベントではなく、定期的に展示替えをする常設の美術館だったんだと、行って初めてわかった。今回見たのは第5期展示で昨年の4月14日から今年の1月6日までの「砂で世界旅行・イギリス編」だった。中は写真OKで、スタッフの人に確認するとブログUPもOKとのことだった。屋内なので、思ったよりこぢんまりとしていたけど、驚くほど精密な作品の数々だった。後で調べたがホームページもあり、次回は第6期展示で4月20日から来年の1月5日までで、「砂で世界旅行・東南アジア編」ということだ。1月〜3月が制作期間ということね.

121214_142459

121214_143450


121214_133006


121214_133515


« 『ギア—GEAR-』ver.2にリピーター | トップページ | 小説『機龍警察』、『機龍警察 自爆条項』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/56648705

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取砂丘と砂の美術館:

« 『ギア—GEAR-』ver.2にリピーター | トップページ | 小説『機龍警察』、『機龍警察 自爆条項』 »