2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

小説『機龍警察』、『機龍警察 自爆条項』

『機龍警察』、『機龍警察 自爆条項』 月村了衛著(早川書房)
 第33回(2012)日本SF大賞を受賞したのは、月村了衛と宮内悠介なのだが、今回は二人とも全く読んだことがなかった。「こりゃ、いかん。受賞作ぐらいはちゃんと読んでおかないと」と思ったが、フィーリングにあうかどうかわからなかったので、とりあえず図書館で予約した。『機龍警察 自爆条項』はシリーズ2作目だったので、1作目も予約したが、2作目の方が先に順番がきた。ネットで下調べすると、どうやらパトレイバーのような小説らしい。
 結果、読むきっかけを作ってくれた日本SF大賞に感謝したい。おもしろかったよ〜 正月でまとまった時間もあったおかげでもあるけど、『機龍警察 自爆条項』は1日半ぐらいでハードカバー462Pイッキ読み! これなら後で文庫を買いなおそうかという気になった。頭のいいしぶとい大人のかけひきが満載なところがいい。このウラのウラのウラを読むような展開が次のページを惹きつける。特捜部長の沖津さん、後藤隊長みたいでステキ。SP「フェアボルグ」搭乗員の姿俊之もいい。シブ好みかしら、私。その後、第1作の『機龍警察』を読んだけど、舞台設定やキャラクターや事件はつながっているが、わからないと読めないというわけではなく、単独でも楽しめる。1作目より2作目がパワーアップしている感じ。まだまだ収拾していない伏線があるので、シリーズで続くかも。(もう既に第3作が出ているが)
 で、パトレイバーみたいといわれているのは、PISD「ポリス・ドラグーン」(龍騎兵)という機体。この世界で機甲兵装(通称キモノ)とよばれている重機の進化形なのだ。でも、大きさからすると、パトレイバーよりボトムズあたりかも。このポリス・ドラグーンも3機だけのプロトタイプで、謎がいっぱい。この戦闘シーンの描き方とかは想像するととても絵になる。うん、これアニメになりそう。ちょっと人死にが多いが。
 作者の経歴をみると、テレビ脚本とかを長年書かれていた人で、映像的なのとか、会話がわかりやすいのとか「ああ、なるほど」と思わせた。SF大賞をとったけど、「このミステリーがすごい!」にランクインされていたり、まだ本になっていない短編が「ミステリマガジン」に掲載されていたり、ミステリ畑のほうで評価があったようだ。でも充分近未来SF的だ。
 ただ、ちょっと気になるのは、主人公がいない。まあ、「太陽にほえろ!」以来、刑事物ドラマってそのチームみんなが主人公ってことも多いのだが。そこらへんも脚本的? 1本の小説を読むときはだいたい主人公(2人以上の時もあるが)の視点で話が進んでいくことが多いのだが、章によって視点の移動が多い。

2013年1月28日 (月)

鳥取砂丘と砂の美術館

 実は、12月に懸賞で当たったバスツアーで鳥取砂丘と砂の美術館に行ってきた。ちょうどその前に寒波がきて、行く途中も日陰のあちこちに雪が残っていた。
 鳥取砂丘は20年以上前?か、ずいぶん昔に一度行ったきりなので、どんなだったかすっかり忘れていた。う〜ん、昔はもっと砂があったような気がする。砂丘の入り口から海岸線の丘の間にずいぶん窪みがある。風がふいてえぐれているのかなあ。この日も風がふいて、砂がうっすら風に舞って、砂面に模様ができていた。
 「砂の美術館」はそこから10分ほど歩いた別の場所にあった。あまり予備知識なく来てしまったので、私はなんとなく、サッポロ雪祭りのように、野外で砂の彫像が展示してあるものかと思っていたが、そうよね、雨とかもあるし吹きさらしでは保たないな。それにこれは期間限定のイベントではなく、定期的に展示替えをする常設の美術館だったんだと、行って初めてわかった。今回見たのは第5期展示で昨年の4月14日から今年の1月6日までの「砂で世界旅行・イギリス編」だった。中は写真OKで、スタッフの人に確認するとブログUPもOKとのことだった。屋内なので、思ったよりこぢんまりとしていたけど、驚くほど精密な作品の数々だった。後で調べたがホームページもあり、次回は第6期展示で4月20日から来年の1月5日までで、「砂で世界旅行・東南アジア編」ということだ。1月〜3月が制作期間ということね.

121214_142459

121214_143450


121214_133006


121214_133515


2013年1月25日 (金)

『ギア—GEAR-』ver.2にリピーター

 夏前にブログで書いたノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR- 』が、9月からver.2にバージョンアップして上演が続いている。ver.1のときは、当日券でお試しに一度行って、もう一度今度は最前列か通路付近のいい席をねらって前売り券で行った。台詞のないノンバーバルパフォーマンスなので、これなら子どもをつれていってもおもしろそうと思って、ver.2のときは家族で行こうと思ったら、なかなか予定が合わず、やっと冬休みの年末に決行した。行った後、奇楽屋本舗さんのプレゼントの当選が届いて、1月にもう一度行った。
 正直、ver.1とver.2はストーリーも舞台演出もさほど変わっていなかった。パフォーマーにバトンの人が引いて、ジャグリングが加わった。それでも、けっこうロングランして、何度もいってもいいなと思ってしまうのは、マイム・ブレイクダンス・マジック・ジャグリング・ドールの役者の配役の妙がひとつの一因かもしれない。各パートに複数いるので、毎回ほぼちがう組み合わせに出会える。4人×4人×2人×3人×3人で192とおり! 4回行っても行ける日にしか行けないし、当日Twitterなので発表される配役を見ていくわけではないから、出会えていない役者さんも多い。ドールは平本茜子さんが2回、兵頭佑香さんが2回だったが、ちょっと表情がちがう。特にラストの初めて声をあげるところ。マジックは3回連続山下翔吾さんだったが、最後に新子景視さんだった。山下さんのほうが小柄で表情がかわいい。マイムも4人中2人、ブレイクダンスも4人中2人だった。こまかいところがちょっとちがうところがあるが、アドリブがはいっているのかな? ジャグリングは2回とも酒田慎吾さんだったので、比較ができない。
 最後に工場が壊れて、大きな風力エンジンから紙がとんでくるのだが、ver.1より風力が増したような気がする。いっぱいとんできた。写真は開演前と開演後なら撮っていいとのことだったが、前後でこのようにちがう。子どもをはじめ、何枚か持って帰る人も多いのではないかと思うので、途中で増量しているのかな。そうそう、ver.1の時より、冬休みだったせいもあるかもしれないが、小さな子ども連れも多かった。子ども達は素直に、マジックなどに「わあ、すごい!」と感嘆の声をあげるので、ほほえましい。演出は風力以外に光や映像やレーザーが効果的に使われている。最近名前を知った「プロジェクションマッピング」とおなじような技術が使われているのじゃないかな。かつての丸ビル(古い!)のように文字が発動するシーン、ラストの方で、暗闇の中に光が飛び散るシーンなんか大好き。
 実は、このver.2は、2月11日で一旦終了する。次のver.3が、春に始動するらしい。まだまだギアは回転していくようだ。


121230_105506


130120_121650


2013年1月24日 (木)

「駅の劇場」12月:やなぎみわ演劇公演「パノラマ 〜鉄道編〜」

 10月13日から開催されていた「駅の劇場」も12月24日までで、いよいよ大詰め。トリを飾るのは12月23日・24日のやなぎみわ演劇公演「パノラマ 〜鉄道編〜」だ。無料のトークイベントと維新派の公演以外は、わりと土日の昼間の時間設定が多くて、出勤を調整しないとチケットがとれない。結局、観られたのは維新派とやなぎみわさんのプログラムの2つだった。ちょっと惜しい。
 やなぎさんの作品モチーフ「案内嬢」の長期育成ワークショップで誕生した案内嬢たち。今回は赤い制服に身を包んでいる。その中に大阪大学基礎工学研究科石黒研究室の人間そっくりのロボット「ジェミノイド」が一人混じっている。ジェミノイドは雑誌「Newton」に載っていたのを見たことがあるが、てっきり石黒教授のそっくりさんがでてくるのかと思っていたら、女性型のほうだった。案内嬢が表情をおさえた演技をしているので、途中で気がついたが、本当にステキに紛らわしかった。
 このときも当日の整理券が何番目だったか忘れたが、なぜかやっぱりやや端っこだが一番前の席があいていた。チラシをわたしてくれた案内嬢が、前の席から順次舞台にあがって見物をすすめる。こうきたか! もう演目は始まっている!! 「いいのかしら?」と思いながら、奥深い舞台にあがって歩く。案内嬢が幻灯を説明したり、歌をうたったり、歌詞カードを配ったりしている。詩人荻原朔太郎とパノラマ館の画家の会話で話がすすむ。薄暗い中のパノラマ館の幻灯がタイムスリップしたような気分になった。幻灯に映る画家の絵は、やなぎさんの作品だったのだということが、終わったあと原画を展示していたのでわかった。
 
 演劇が終わったあと、アートエリアB1から地上にあがるとものすごい人群れだった。音楽が鳴って、中央公会堂に色鮮やかな現代の幻灯が映し出されていた。「まあ、すごい」とは思ったが、なにをやっているのか、そのときはわからなかった。が、翌朝TVに紹介されていて、「プロジェクション・マッピング」という技術だとわかった。東京駅では人が集まりすぎて中止になったようだが。(写真はそのプロジェクションマッピング)


121223_183208_2


2013年1月22日 (火)

「駅の劇場」11月:維新派パフォーマンス「構成231」

 昨年からの続き。大阪のなにわ橋駅の「アートエリアB1」を中心に開催されているイベント「駅の劇場」のプログラムのひとつ、維新派の「構成231」を観にいった。イベントプロデューサーのやなぎみわさんが、「維新派」の主宰松本雄吉さんに「ぜひ、鉄道音楽で作品をつくってほしい」と依頼して実現したものだという。10月のトークイベントでは、松本さんが「いままでリズムで作品を創っていたので、メロディーで創るのはむつかしい」といっていたが、蒸気機関車は今までの維新派の劇にもよく出てくるモチーフなので、親和性があって、しっくりなじむ。深い奥行きの効果を生かした光と影が印象的な舞台だった。
 それに、たった1回だけの、80席の公演。すごくぜいたく!!! 休日をGETしたので、1時間前に整理券をとりにいって、たしか22番目だったが、いちばん右端だったが最前列がとれた。おお、すぐ横をすり抜けて維新派の役者さんたちが舞台にあがっていく! 同じ目の高さの舞台はすごく近い。今回は、維新派の公演といってもやや変則で、30分足らず?ぐらいの「構成231」のパフォーマンスのあと、木ノ下さん、それと舞踊研究家の國吉和子さんの4人でのお話だった。みなさん、話がはずむので、進行はとてもラクそう。ロシア・アバンギャルドや鉄道音楽についてなど、知らない深いお話も多い。それと、皆さんのファッションがステキ。かっこいいっす! このトークセッションのあと、もう一度「構成231」の舞台が演じられる。いろいろなお話を聞いた後で、1回目とちがった見方や発見ができるおいしい企画だ。
 鉄道音楽って知らない、と思っていたけれど、実はこのオネゲル作曲の「パシフィック231」は聞いたら、知ってる曲だった。すごく前に、冨田勲のシンセサイザーのアルバムに入っていたのだ。

2013年1月 4日 (金)

1月6日の「COMIC CITY 大阪92」に参加します

 1月6日(日)にインテックス大阪で開催される「COMIC CITY 大阪92」に参加します。
 3日まで帰省していて、4日が仕事始め、なかなか準備をする日にちもありませんが、切り絵しおりがいろいろあります。育児BOOKの1冊目の在庫がなくなりそうです。3冊セットの頒布はこれで最後になるかもしれません。
 スペースは、6号館Cゾーン「ひ−47a」です。
 年末コミケあとの大阪CITYはいつも混雑していますが、創作エリアは比較的まったりとしています。どうぞ、お立ち寄りください。

2013年1月 3日 (木)

明けましておめでとうございます

 本年も、「工房しのわずりぃ」は弱小ながら、ボツボツと活動していきます。
見捨てずに、よろしくおつきあいください。

 今年(以降)の抱負
1. オモテ稼業の繁忙のため、いろいろな事案が堆積していて、新刊が1年以内に創れるかどうか、かなり不安ですが、ラジャスターンのインドネタ、カカドゥのオーストラリアネタの本を創りたいと何年か越しに目標としています。
2. 新刊はなかなか長期な目標になるので、最近ちょっと「切り絵」にハマっています。白黒のはっきりした手法はモノクロのマンガに通じるところがあります。いつか大物も創りたいけど、今はハガキと栞のサイズです。
3.ネット関係がちょっと停滞気味です。ブログはネタはあるのですが、文章を書く時間がとれません。ホームページはDreamweaverで、全面的にリニューアルしたいと思っています。
4. 他もいろいろあるのですが、あまり大風呂敷をひろげると、収拾がつかなくなるので……(^_^;)

12


« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »