2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 1月6日の「COMIC CITY 大阪92」に参加します | トップページ | 「駅の劇場」12月:やなぎみわ演劇公演「パノラマ 〜鉄道編〜」 »

2013年1月22日 (火)

「駅の劇場」11月:維新派パフォーマンス「構成231」

 昨年からの続き。大阪のなにわ橋駅の「アートエリアB1」を中心に開催されているイベント「駅の劇場」のプログラムのひとつ、維新派の「構成231」を観にいった。イベントプロデューサーのやなぎみわさんが、「維新派」の主宰松本雄吉さんに「ぜひ、鉄道音楽で作品をつくってほしい」と依頼して実現したものだという。10月のトークイベントでは、松本さんが「いままでリズムで作品を創っていたので、メロディーで創るのはむつかしい」といっていたが、蒸気機関車は今までの維新派の劇にもよく出てくるモチーフなので、親和性があって、しっくりなじむ。深い奥行きの効果を生かした光と影が印象的な舞台だった。
 それに、たった1回だけの、80席の公演。すごくぜいたく!!! 休日をGETしたので、1時間前に整理券をとりにいって、たしか22番目だったが、いちばん右端だったが最前列がとれた。おお、すぐ横をすり抜けて維新派の役者さんたちが舞台にあがっていく! 同じ目の高さの舞台はすごく近い。今回は、維新派の公演といってもやや変則で、30分足らず?ぐらいの「構成231」のパフォーマンスのあと、木ノ下さん、それと舞踊研究家の國吉和子さんの4人でのお話だった。みなさん、話がはずむので、進行はとてもラクそう。ロシア・アバンギャルドや鉄道音楽についてなど、知らない深いお話も多い。それと、皆さんのファッションがステキ。かっこいいっす! このトークセッションのあと、もう一度「構成231」の舞台が演じられる。いろいろなお話を聞いた後で、1回目とちがった見方や発見ができるおいしい企画だ。
 鉄道音楽って知らない、と思っていたけれど、実はこのオネゲル作曲の「パシフィック231」は聞いたら、知ってる曲だった。すごく前に、冨田勲のシンセサイザーのアルバムに入っていたのだ。

« 1月6日の「COMIC CITY 大阪92」に参加します | トップページ | 「駅の劇場」12月:やなぎみわ演劇公演「パノラマ 〜鉄道編〜」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/56596350

この記事へのトラックバック一覧です: 「駅の劇場」11月:維新派パフォーマンス「構成231」:

« 1月6日の「COMIC CITY 大阪92」に参加します | トップページ | 「駅の劇場」12月:やなぎみわ演劇公演「パノラマ 〜鉄道編〜」 »