2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映画『ヘルタースケルター』 | トップページ | 磐船神社と星のブランコ »

2012年9月27日 (木)

掃海艇「まきしま」一般公開

 自衛隊も基地祭や一般公開も今年度になってから、徐々に再会されてきた。今は尖閣諸島などの領土問題が緊迫した状勢だが、東日本大震災の有事からは少しずつ日常にもどりつつあるということだろう。江戸時代250年の平和にならって、第二次世界大戦以後60余年の平和が更に長続きしてほしいものだが。(ヤン・ウェンリーみたいなセリフだね)
 さて、その第二次世界大戦にばらまかれた機雷や不発弾がまだ海の底に沈んでいる。時おり、漁の網にもかかるらしい。その捜索や処分を行っているのが掃海艇だ。今回、バスツアーで、掃海艇「まきしま」を見学できるツアーがあったので参加した。折りしもその日は、小松基地の航空祭もあって、小松は以前2回行ったが、どちらも天候が悪かった。3度目のリベンジも考えたのだが、「まきしま」は初めてだったので、こっちに申し込むことにした。掃海艇「まきしま」(MSC677)が碇泊している海上自衛隊阪神基地隊は神戸の六甲アイランドの近くにあるので、京都からは比較的近い。それも見学時間は指定されていて、1時間弱なので、バスツアーは、明石大橋たもとの舞子プロブナードと神戸ハーバーランド(自由昼食はここで)がオマケに着いていた。オマケのほうが所要時間が長かったが、そこを回ったあと、「まきしま」の見学は3時からなので、2時半過ぎについて、前の広場で待機。朝は雨が降っていたが、舞子に着く頃は曇りになっていて、基地についたら薄日がさしていた。ツアー参加者は22名、そのうち6人ぐらいがおひとり様というのはけっこう高い率だと思うが、そういう人たちはディープそうな人がそろっていた。
 中型掃海艇「まきしま」は、見た目そんなに大きくない。最大の特徴は、磁気機雷を避けるために船体が木造でできていることだ。金属部分もアルミや銅の合金らしい。木造の掃海艇は、横須賀や舞鶴でも遠目にはみたけれど、中に入るのは初めてだ。担当の人がついて、甲板や操舵室などいろいろみせてくれた。後ろの方には機雷の処分具や掃海装置、救命ボート、前に方には20mm機関砲があった。操舵室ではイスに座って写真もOKというオープンぶりだった。中は狭くて、階段は急勾配で、乗り心地はあまりよくないかも知れない。
 私は知らなかったが、阪神基地隊では、掃海艇の一般公開は、碇泊していれば月1回行っていて、個人でも参加できるとのことだ。この日も、家族連れが2組、いっしょに見学していた。教えてもらって、帰宅後ホームページをみてみたら、お知らせも載っていた。


120923_160227


120923_160215


« 映画『ヘルタースケルター』 | トップページ | 磐船神社と星のブランコ »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/55754393

この記事へのトラックバック一覧です: 掃海艇「まきしま」一般公開:

« 映画『ヘルタースケルター』 | トップページ | 磐船神社と星のブランコ »