2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« もう夏に突入したが、夏の予定とコミケ出展 | トップページ | マンガ『図書館の主』2〜3巻 »

2012年8月 3日 (金)

マンガ『銀の匙』2〜4巻

 『銀の匙』 荒川 弘著 (小学館)
 以前1巻目が出たとき、ブログに書いたがその後、あれよあれよという間に第4巻まで出た。さすが週刊連載、ペースが速い。その間に「マンガ大賞2012」も受賞し、「今更、なにを紹介する?」というくらいの人気作品になった。ビッグヒット作品のあとが続かず、一発屋で終わってしまうマンガ家さんも多い中、『鋼の錬金術師』以上の幅広い読者層を獲得している(と思う)のはすごいことだ。
 自分の将来について先がみえない10代、ぜひ読んでくれ。別に農業をやれと言っているんじゃなくて、自分の将来いついて、自分で悩んで探してくれ。最近、次男(中1)が目覚めて読み出しているが、笑いのツボがあったようでケタケタ笑いながら読んでいる。いいけど。いつかそれ以外の深さも読み取ってほしいんだけど。気に入ったセリフを暗記して、ひとり芝居している……不気味だ。
 周りの大人もぜひ読んでくれ。荒川さんのマンガは大人がみんなカッコいいんだよう! 自分の生き方をもって、子どもを導いてほしい。
 そして、都会に住んで、パックの肉や野菜をお金でかっているみんなもこれを読んでおこう。パックされた商品のウラになにがあるか、知っておくだけでもいい。……といいながら、週に10本牛乳を消費する(1000mlパックだよ)我が家は、スーパーの広告チラシをみながら、ひたすら安売りの牛乳をさがしている。でも、安くても「乳飲料」じゃなくてちゃんと「牛乳」! しかし、荒川調べによると、牛乳を飲むと身長が伸びるそうだが、我が家はタテじゃなくてヨコに伸びているような気がする。
 この記事を書くのにちょっとネットを調べてみたら、ウィキペディアに「2011年第2子出産」と書かれていたのにビックリした。どこまでタフなんだ、荒川さん! ハガレンのときも1回も休載しなかった。今度は週刊連載だ。農業で鍛えた強靱な体力と精神力で、面白い作品を世に出し続けてほしい。

« もう夏に突入したが、夏の予定とコミケ出展 | トップページ | マンガ『図書館の主』2〜3巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

連載中に二人目もご出産でしたか(!o!) スゴイですねー。
ウチの職場なんか1年半、育休(産休いれると2年ぐらい)入ったまま復帰してない人がいて、「もう戻ってこれないんじゃないの」なんて噂されてるんですが……。

職場で回し読みをしていますが(ハガレン知らないオバサンばかり)、そもそも作者が男だというとビックリしますな。

ちなみにご近所に農業高校があるんですけど、市街地だけあって生徒さんはみな派手なオニーサン、オネーチャンばかりです(^o^;)

「百姓貴族」読んでちょっと興味持ったのですが、
出るのが早すぎます……。
1、2巻くらいの頃に、そのうちにと思ってたのに。

ウチのは実は、第一次産業方面志望です。
牧場とか興味もつかなぁ。もやしもんはアニメしか観てませんが。
でも体力勝負なんですよね。牛乳飲んでないから縦横小さいです。

エドがあれだけ「牛乳牛乳」と言われてた訳、納得。

わ〜い! ひさしぶりのコメントだhappy02 ありがとうございます〜
さわやか革命さん>
「作者が女だ…」ですよね。ホント私もはじめは男だとばっかり思っていました。
筋肉モリモリのおじさんがいっぱいなので……
ご近所の農業高校…… それって「もやしもん」の世界に近い?(あれは大学だが)

天野季遊さん>
週刊連載は年4回ぐらいコミックスが出るんですよね。
荒川さんなら原稿落とすことなさそうだし。春夏秋冬…これで3年間まわすのだろうか。

北と南で位置的にちがいますが、そちらも酪農とか身近ですよね。
たいへんだとは思いますが、生産的な仕事はすばらしいです。

あっ、「男」と「女」間違えてすみません。何度か見直したのに気付かず(^_^;)

ご近所の農業高校は、昔は一応牛を飼ってたらしいです。今はニワトリだけになったとか。後は野菜ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/55339350

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『銀の匙』2〜4巻:

« もう夏に突入したが、夏の予定とコミケ出展 | トップページ | マンガ『図書館の主』2〜3巻 »