2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 北京旅行:万里の長城で初日の出(7) | トップページ | 北京旅行:万里の長城で初日の出(9) »

2012年7月 7日 (土)

北京旅行:万里の長城で初日の出(8)

 今回はおみやげ事情。なんせ、安いパックツアーなので、しっかり1日1〜2回はご指定の店につれていってくれる。そこは、私の好きな安い日常品や雑貨はいっさいない! ふとんだったり、枕だったり、シルクだったり、高級茶店だったり、翡翠や白檀の高級家具だったり、愛新覚羅(あいしんかくら)家の末裔の書作品だったり……ああ、縁がないっす! お茶を飲んで目の保養をさせてもらったが、同じツアーの年配の方達はけっこう盛り上がって購入していたので、はみだしていてもあまりつきまとわれなかった。  
 でも、お買い物をする自由時間がないので、職場や親戚にばらまく数のいる土産はお茶と袋入りのドライフルーツをちょっと購入。あと、バスの中でのカタログ販売でまかなう。

 自分的おみやげは、写真のこんなかんじ。
 蹴り羽根。天壇公園で大人の人が蹴り合って遊んでいたので、そこの道ばたの屋台で購入。韓国のチェギに似てるなと思ったけど、こっちが源流なのかも。下部の丸い重りのところは。なにかのCDのリサイクルのようなチープなかんじだった。タクヤに買ってやったが、日本に帰ってからはほとんど飾っているだけ。
 ゴム仕掛けの鳥のおもちゃ。これはオリンピック公園の広場で実演しながら売り歩いていた。これと、小さな連凧も売っていたが、連凧は日本じゃ「どこで上げるんだ?!」という気がするので。こっちを交渉。「10元」というところを「4元」で話をつける。これは、現在ゴムが切れてしまい、飾っているだけ。
 山橙(サンザシ)片。これは、バスの中のカタログ販売で、ばらまきのおみやげにした。こんな箱に入っているとちゃんとしたお菓子のように思うが、以前神戸の南京町で購入したときは、箱などには入っておらずもっと駄菓子っぽかった。本来、庶民のお茶うけなのかなあと思う。串刺しで売ってるサンザシともとは同じだが、この小さな円筒の包みのなかはうすいチップのようなものだ。それをちまちまはがしながら食べるのが好き。


1
3


4


« 北京旅行:万里の長城で初日の出(7) | トップページ | 北京旅行:万里の長城で初日の出(9) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/55136662

この記事へのトラックバック一覧です: 北京旅行:万里の長城で初日の出(8):

« 北京旅行:万里の長城で初日の出(7) | トップページ | 北京旅行:万里の長城で初日の出(9) »