2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 映画『ロボット』 | トップページ | もう夏に突入したが、夏の予定とコミケ出展 »

2012年7月28日 (土)

維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ

 響きのいいすてきなタイトル。29日で千秋楽を迎える今年の維新派の演劇は、神戸・三宮のデザイン・クリエイティヴセンター神戸で開催された。デザイン・クリエイティヴセンター神戸は、元神戸生糸検査所を改修したもので、実はまだオープンしていない。8月にオープン予定の建物で、まだプレオープンの行事となる。今回は野外ではないが、いつも「こんな場所にこんなところが!」というところに連れて行ってくれる。
 私が行った日は、昼頃にスコールのような大雨があったが、19時の開演にあわせて神戸に向かう頃にはやんでいた。この時期野外だったら、大変かも。舞台は野外ではなかったが、おなじみの屋台村は屋外のスペースに展開していた。1時間前ぐらいに着いて、腹ごしらえをする。定番もあるけど、少しずつ違うメニューが入っている。屋台村の入り口に始発の時刻表がはっていた。。
 今回の舞台は白と影が印象的。ちょっと「ナツノトビラ」を想い出す。席は、前から2列目のほぼ真ん中へん。すごい、いい席! がんばってとったかいがあった。開演前や閉演後は写真OKといってくれたので、奥行きが深い舞台をとらせてもらう。このシンプルな白い空間で不思議な時間を過ごす。いつもながら、「どんな内容?」と聞かれると、ストーリーがあってないような感じですごく困るが、一見にしかず。

120721_183635_2


120721_211707_2


« 映画『ロボット』 | トップページ | もう夏に突入したが、夏の予定とコミケ出展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/55295808

この記事へのトラックバック一覧です: 維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ:

« 映画『ロボット』 | トップページ | もう夏に突入したが、夏の予定とコミケ出展 »