2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« やなぎみわ演劇「1924人間機械」と村山知義「すべての僕が沸騰する」 | トップページ | 5月5〜7日東京遠征(2)「ガンダムフロント東京」「インカ帝国展」「仮面ライダー・ザ・ダイナー」 »

2012年7月12日 (木)

5月5〜7日東京遠征(1)コミティア100回記念

 5月のGW前にオモテ稼業で人事異動があった。自分が動いたわけではないが。異動はあるだろうと予測はついていたので、GWは極力予定を入れずに静観していた。いちおう、1日ぐらいは希望を入れられるだろうと思って、コミティアだけは申し込んでおいた。なんせ、〆切が3月なのだから、結果を待って申し込むことができない。見切り発車だ。宿も最悪、前日までならキャンセル料がかからないので、とりあえずコミティア前後を押さえておく。今回はタクヤ(中学1年)と二人で行くことにした。異動決定後、出勤シフトを組み直さなければならない。今回は相方がGWをはずしたカタギの平日にあたる日の休みを希望したので、思いの他4連休がとれた。いや、めずらしい! そのうちの3日間を使って、東京遠征を計画した。2週間前でも新幹線はなんとかなるものなんだということがわかった。さすがに、5月3日・4日の夜の宿は条件のあうところは全滅だった。オプションにお台場の「ガンダムフロント東京」と池袋の「仮面ライダー・ザ・ダイナー」と大友克洋原画展も予約およびチケットをとった。これもなんとかなった。ガンダムの方は、昼間はいっぱいだったけど、夜の方はまだチケットがとれた。大友克洋は一人で行きたかったので、7日のチケットを余裕でゲット。

 というわけで、5月5日に朝6時台の新幹線で東京に向かう。そのまま、コミティアの会場に向かう。もうすっかり慣れたつもりだったが、東ホールのエレベーターの入り口で人だかりがある。ええ?! 入場制限?(調整?) まだサークル入場時間なのに? 今回は100回開催記念で初の3ホール開催、5600サークルの参加があったとのこと。今までの最大値の1.5倍。サークル入場で行列ができているコミティアを初めてみた。100回記念のペーパーラリー用のインフォメペーパーも作ってきたが、受付が長蛇の列になっている。スタッフの人たちも大わらわ。サークル参加の人数も多いし、一般の参加も多くて、こんなに混み合っているコミティアは初めてみた。私は、コミティアの一桁の頃から知っているが、創作だけでよくこんなに大きくなったなあと感慨深くなる。ただなにもせずに大きくなったわけではない。主催者の中村公彦さんが熱い情熱や理念でリードして、スタッフやサークルのみなさんもいっしょに盛り上げてここまで大きくなったんだとしみじみ思う。毎回ではないが、年に1回はコミティアへの参加を楽しみに東京へ来る機会を与えてもらって感謝している。会場では中村さんが、ティアズマガジンに毎回かいていたごあいさつをまとめた『ティアズマガジンのごあいさつ総集編 1984〜2012』を手売りしていて、サインもいれていた。
 今回は100回記念ということで、会場には大きな酒樽が飾られ、花輪もたくさん届いていた。閉会後には、オトナのお祝いとして鏡開きもあったらしい。(見たかったけど子連れなので、先に失礼した)
 ああ、それとタクヤは昨年小学6年生で「子連れスペースは卒業します」と、子連れスペースのみなさんにごあいさつしたのに、場所をみつけてDSを持って遊びにいってしまい、店子としては全く役にたたなかった。

120505_121556

120505_121636_2


« やなぎみわ演劇「1924人間機械」と村山知義「すべての僕が沸騰する」 | トップページ | 5月5〜7日東京遠征(2)「ガンダムフロント東京」「インカ帝国展」「仮面ライダー・ザ・ダイナー」 »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/55175353

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5〜7日東京遠征(1)コミティア100回記念:

« やなぎみわ演劇「1924人間機械」と村山知義「すべての僕が沸騰する」 | トップページ | 5月5〜7日東京遠征(2)「ガンダムフロント東京」「インカ帝国展」「仮面ライダー・ザ・ダイナー」 »