2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 5月5〜7日東京遠征(2)「ガンダムフロント東京」「インカ帝国展」「仮面ライダー・ザ・ダイナー」 | トップページ | ノンバーバルパフォーマンス『ギア GEAR』 »

2012年7月14日 (土)

5月5〜7日東京遠征(3)大友克洋展とスカイツリー

 「大友克洋GENGA展」(4月9日〜5月30日) 会場は「3331 ARTS CHIYODA」
このイベントも、チケットが日時指定の予約制で、ローソンのLoppiで購入。5月7日(月)はもうGWじゃない人も多い。タクヤもひとりで無事に家まで帰れたようだし(もう中学生だし)、今日はひとりでゆっくり大友克洋を堪能しよう。ところで、この3331 ARTS CHIYODAってどこよ!? あらかじめネットから地図をプリントアウトしておいたけど、初めていくところなので、早めに出たら、わりと早く着いてしまった。どうも、廃校になった校舎を再利用しているようだ。京都でいえば、芸術センターみたいなところね。建物前は小さな公園になっていて、地元のイヌ散歩の人とか、保育園児の散歩の場所になっている。ちょうどいい気候だし、ベンチに座って『小松左京マガジン』を読みながら時間を待つ。時間が近くなると、人が集まってくる。が、時間指定予約制なので、そんなに混んでいるわけではない。順路もあってなきがごとくなので、空いているところから順次まわれる。『AKIRA』の全原画を展示していたが、家に本があるので順番に読んでいくわけではないし。会場は白が基調になっていて、作品が映える。圧巻だったのは、原稿がみんなすばらしいアナログなのだ! 印刷物でみてもすごいけど、原稿で実際に紙に線がひかれているのをみるともっとすごい。それに、スクリーントーン、カラートーンも今のCGに勝るとも劣らない。写真OKのエリアには、『童夢』の円形に凹んだ壁と、『AKIRA』のバイクが展示されていた。カンパをすると、ジャケットと手袋をはめて、バイクに乗って写真がとれる。壁には、来館者の寄せ書きがいっぱい描かれていたが、みんなレベルが高〜い! 外国人が、カットと日本語で寄せ書きを描いていた。
 この「3331 ARTS CHIYODA」自体、なかなかステキな建物で、若手の芸術家のショップがあったり、小さな個展もできる。ああ! SFマガジンで池澤春菜さんが行ってきたという「はんだごてカフェ」というのはここにあったのか! 1階にはカフェもあって、ここでランチを食べてきた。
 そのあと、帰りの新幹線まで少し時間があったので、今ハヤリのスカイツリーを観にいこうと思った。でも、つもりではなかったので、どう行ったらいいか調べていなかった。が、こういうときのiPad、役に立ってくれた。無事、おひざもとまでたどりついた。5月22日オープンなので、内覧会のようなものをやっていた。近くに水族館やプラネタリウムもできるのね。そのまま、浅草まで歩いてみた。映画『月はどっちに出ている』で有名になった金色のウ○コ(アサヒビール本社ビルのフィリップ・スタルク作「炎のオブジェ」)とツーショット。
120507_103939_2


120507_115314_2


120507_115539_2


120507_160621_2


« 5月5〜7日東京遠征(2)「ガンダムフロント東京」「インカ帝国展」「仮面ライダー・ザ・ダイナー」 | トップページ | ノンバーバルパフォーマンス『ギア GEAR』 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/55189697

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5〜7日東京遠征(3)大友克洋展とスカイツリー:

« 5月5〜7日東京遠征(2)「ガンダムフロント東京」「インカ帝国展」「仮面ライダー・ザ・ダイナー」 | トップページ | ノンバーバルパフォーマンス『ギア GEAR』 »