2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月17日 (火)

北京旅行:万里の長城で初日の出(1)

 年末年始のネタを、3ヶ月以上放置していた。もういいかげん、そろそろ…ということで。
 12月31日〜1月3日に、タクヤ(小6)と二人で中国・北京に行ってきた。実は、8年前サトル兄ちゃんが小学5年生の時に、私のリフレッシュ休暇がとれたので、2人でインドのラジャスターンに行った。タクヤも中学にあがるまでに同じようにしてやりたかったが、年末年始といえど、前後に加えて休暇をとることはもはや無理なご時世なので、この範囲でいけるところで手を打った。だが、年末年始は料金がバカ高くて、短期間で遠方に行くのは、すっご~くもったいない。まあ、国内でもこの時期は値段が高くなるので、北京あたりだと、東京に行くのとそうかわらない。ツアーを利用すると、北海道や沖縄へ行くより安い。せっかくだから、この時期しかできないポイントをつけようと思って、「万里の長城で初日の出をみる」というのが今回のミッションのテーマとなった。
 インドには3回行ってるのに、中国は実は初上陸だ。中国4千年の歴史の遺跡や文物は好きなのだが、なかなか行く機会がなかった。でも、シュミ的なことをおいといても、これからの日本にもっとも影響のある国は中国だとも思っているので、いちど偵察(?)したかった。昨今オモテ稼業が年中繁忙状態で、あまり準備にも手間がかけられないので、今回はお気軽な完全パックツアーだった。あまりあちこち回るのはしんどいし、北京オンリー。だが、万里の長城に昼間と早朝の2回行けて、1泊は北京郊外の四合院造りの宿だ。ここらへんが、選択のポイント。だが、自由時間はほとんどない。ツアー名「万里の長城で初日の出鑑賞とリッツカールトンに泊まる北京4日間」 ここまでが前置き。

2012年4月10日 (火)

祇園会館 映画上映終了

 3月30日で、京都の名画座・祇園会館が映画上映を終了した。
 私が大学の頃は、3本立て1000円入れ替えなしでいろいろ上映していたので、大変お世話になった。高校までいた田舎には、映画館が4キロほどはなれた町中に1件あったが、お金もないし、観たことがなかった。たしか、東映まんがまつりとか、寅さんの映画とかやっていたように思う。映画といえばTVでしか観たことのない田舎もんが、映画を観だしたのは、この祇園会館のおかげである。劇場公開した映画の二番手だけでなく、基本的な名作も上映してくれていたので、映画に目覚めた以前の時期の名作もいろいろ観た。その頃はたしか、新作のロードショーは当日1200円、前売り900円ぐらいだったかと思うので、3本中気に入った2本だけ観ても十分お得感があった。『アラビアのロレンス』『時計仕掛けのオレンジ』『シャイニング』『カッコーの巣の上で』……あげればきりがない。
 就職して大阪に引っ越して、すっかり遠のいてしまい、京都に出戻ってもほとんど仕事で大阪通いだったので、なかなか時間がなかった。その頃は、いちど建物がリニューアルされ、2本立てになって新作ロードショーと同じくらいの価格になっていたかと思う。
 この3月で映画上映が終わるというので、これが最後になると思って観にいった。『三銃士 —王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船—』と『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』が上映されていた。特にこれらの作品が観たかったわけでなく、祇園会館に行きたかったわけだが、どちらもエンターテイメントな作品なので楽しく観せてもらった。
 長い間、お疲れ様。ありがとう、祇園会館。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »