2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« マンガ『インドな日々』第4巻 | トップページ | 小説『NO.6 #9』 »

2011年10月12日 (水)

マンガ『図書館の主』第1巻

 『図書館の主』 篠原ウミハル著 (芳文社)
 よく行く本屋さんで、店内の一角をとってプッシュしていた。そして、「図書館」とタイトルについてたので、つい手にとって吟味してしまった。でも、この作者は知らない。あまり買ったことのない出版社。おまけに巻数付き。……躊躇する要素はいっぱいだ。う〜ん、どうしよう……と考えて、賭みたいな気持ちで購入。結果、アタリ!!!
 公園の一角にある私設の児童図書館。司書の御子柴(みこしば)くん(男性)を中心に、児童書のネタを織り交ぜたホロリとさせる連作短編集だ。「ここにはこんなにお前を待っている本がある」「司書っていうのはな 図書館の目だ」「本に呼ばれた奴以外をここに入れる気なんか毛頭ない」「この本を読むために明日も生きていこう そう思える本を私に読ませて」……と話のあちこちにけっこう名セリフがいっぱいだ。その中には、現実ならこっぱずかしくて言えないし、公立ならそこまで言えないよなあという部分もあるけど、図書館司書たるもの、これくらい言い切れないと!と読んでてついうれしくなる。
 おまけにさりげなくシビアな現実を折り込んでいて、その現実がピントがあっている。主人公が子どもで利用者だった頃や公立図書館勤めだったころの専門職ではないやる気のない館長の態度、資格がとれても職が得られない司書免許、自習が席を陣取る図書館。それに、ちゃんと守秘義務やレファレンスのことも含ませている。なに?! この作者、ずいぶん下調べしたのか、図書館フェチか、元ギョーカイ人?
 と、ほめることが多いのだが、出来るなら表紙の書架はもっと児童書の本棚らしくしてほしかったなあ。それと、司書同志は「○○司書」という呼び方はあまりしないと思うのだが、地域によってはやっている?

« マンガ『インドな日々』第4巻 | トップページ | 小説『NO.6 #9』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/52969574

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『図書館の主』第1巻:

« マンガ『インドな日々』第4巻 | トップページ | 小説『NO.6 #9』 »