2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「京都怪談夜行列車」 | トップページ | 映画「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」 »

2011年9月11日 (日)

嵐のドンブラコンL

 9月3/4日に静岡市のグランシップで、第50回日本SF大会・ドンブラコンLが開催された。折も折、あの台風12号タラスがやってきて、初期のコースはモロに静岡に直撃かというコースだったが、西に徐々にそれて、四国に上陸した。しかし、ニュースのとおり、直撃コースより台風の東側にあたる紀伊半島に大きな被害があった。SF大会自体はインドアなイベントなので、開催自体には影響はなかったが、行く前に職場が暴風警報が出たら休館になるがまだ出ないとバタバタし、新幹線が遅れたり止まったりするかもとヒヤヒヤし、終わったらご近所の和歌山・奈良で大きな被害が出ていてボーゼンとした。台風12号は、今年の暗黒星雲賞の自由部門を受賞した。
 さて、とりあえず、また職場から直行で京都駅で家族と落ち合い、新幹線で静岡へ。会場の最寄りである東静岡駅の一つ手前の静岡駅の近くのビジネスホテルに投宿。今回は、夏コミのときとちがって、二日間SF大会オンリーで、ずっとグランシップの中にいた。会場は貸切で、一部一般公開エリアも設けられている。一般公開エリアでは、終日ホビーロボットコロッセオをやっていたり、パネル企画の一部や、ひげきたさんの手作り3Dシアターや出張書店や作家のサイン会、ディーラーズルームや加藤直之さんのライブペインティング(今年は等身大美女)や時刊新聞やネットラジオなどの企画も行われて、地元へのサービスも大いにあったが、大雨警報が出ていて、時折激しい雨がふる天候で、ディーラーズに在駐していても、あまりパンピ−な人は見かけなかった。
 今回もいろいろな企画が同時並行していて、行けたのはごく一部。オープニングとエンディングのほか、「日本SF図書館員協会」「すごい科学で守ります」「表現と法規制に関するミニシンポ」、キッズコンに入り浸りのタクヤを3Dシアターとホビーロボットコロッセオに連れだし、ディーラーズで店子やっていると、行けなかった企画も満載だった。7月にお亡くなりになった小松先生の企画がいくつかあったし、はやぶさ関連や地元のホビー関連の企画も行きたかったよ〜 以前はタクヤのようにキッズコンに入り浸っていたサトルも、父ちゃんについて「すごい科学で守ります」や「おぼろげ絵画教室」に参加してきた。大きくなったんだねえ。
 また、後日HPに詳しいレポートを載せられたらいいなあと思っている。(といいながら、昨年のTOKON10のもUPしていないよ)
 長年参加させてもらっているが、ディーラーズの出展のほか、時刊新聞に原稿をだして、シール企画に参加するぐらいしか積極的な参加が出来ていない。以前はちょっとキッズコンを手伝ったり、当日スタッフをしたこともあったんだが。ここ数年オモテ稼業がきびしくて時間や心の余裕がないが、もうしばらくはまだ参加するつもりなので、またいろいろ関わることができたらと思っている。……けど、来年のVaricon(北海道の夕張)はちょっとムリだよなあ。7月初めはまだ学校が休みになっていないし、関西からだと前泊・後泊がほしいが3泊4日の4連休なんてまずとれない。

« 「京都怪談夜行列車」 | トップページ | 映画「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/52698588

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のドンブラコンL:

« 「京都怪談夜行列車」 | トップページ | 映画「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」 »