2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「300DOORS」のやなぎみわワークショップ『「1924 Tokyo−Berlin」の芸術家たち』 | トップページ | コミックマーケットとケララバワンと羽海野チカと恐竜展 »

2011年8月24日 (水)

「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展」

 6月か7月の初めに「シュヴァンクマイエルの展示が京都文化博物館である」という話をネットでもれきいたのだが、当の博物館のHPをみても予告のなにも載っていなかったので、「おかしいなあ」と想いながら忘れていたら、7月22日〜8月14日に本当にやっていた。リニューアル特別企画として、別館ホールで開催されていたが、どうも持ち込み企画?なのか、主催シュヴァンクマイエル展実行委員会・共催京都精華大学になっていて、文化博物館で使える某新聞社関連の割引も使えなかった。
 シュヴァンクマイエルといえば、『アリス』は観た。あとは……『ストリート・オブ・クロコダイル』?…と思ったら、それはブラザーズ・クレイだった。昔のLD「アニメーション・アニメーション」になにか入っていたっけ? と思ったら入っていなかった。名前を知ってる割には意外と観ていないことにちょっとガクゼンとする。何年か前に、コレクター向きのDVD・BOXが発売されているのを、AMAZONか復刊ドットコムのMLで見かけて、ちょっと惹かれたがけっこうなお値段で結局買わなかった。今、ネットで見ると、もう公式には販売が終わっているが、倍ほどの値段になっていくつかあがっていた。展示を観た後、「やっぱり本業はアニメーション作家なんだから、作品をじっくり観るために買っときゃよかったかな」とちょっと後悔した。
 今回の展示は、前期後期に分かれていて、前期の副題が「the works for Japan」,後期が「〜映画とその周辺〜」となっている。展示はやっぱりヘンだった。コラージュ作品が多いが、半立体や立体作品もある。これが重なってヘンなアニメもできるのかと思うと、楽しい。前期展示の前には本人も来日して、「怪談」をイメージしたイラストレーションの木版画を職人に発注して制作したらしい。そして、秋には新作映画『サヴァイヴィング ライフ』が日本で上映予定とのことだ。後にお楽しみを残しておいてくれている。

« 「300DOORS」のやなぎみわワークショップ『「1924 Tokyo−Berlin」の芸術家たち』 | トップページ | コミックマーケットとケララバワンと羽海野チカと恐竜展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/52553034

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展」:

« 「300DOORS」のやなぎみわワークショップ『「1924 Tokyo−Berlin」の芸術家たち』 | トップページ | コミックマーケットとケララバワンと羽海野チカと恐竜展 »