2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« GWは河鍋暁斎とヘンリー・ダーガーとコミティア | トップページ | 飛鳥資料館「星々と日月の考古学」 »

2011年6月15日 (水)

「山田章博 —世界を生み出す魔法の筆—」

 前日の記事にひっかけてではないが、山田章博さんは現代の河鍋暁斎じゃないかと勝手に思っている。筆が速くて、なんでもかけて、おそろしくうまい。京都在住なのは長らく知っていたので、京都国際マンガミューアムのイベントでアンケートを書く度に、「山田章博さんの原画展を!」と毎回書き続けていた。そして……、やった! ついに願いが叶ったわ!! 
 4月29日から6月5日まで、京都マンガミュージアムで原画展「山田章博 —世界を生み出す魔法の筆—」が開催。前半・後半で展示内容を変更するという。企画展なので入場料で入れる(特別料金がいらない)が…… せまい。少ない。きっと、もっともっとたくさん作品はあるのにこれだけ〜? と、いささか不満はあったが、やっぱりその美しさにうっとり。カラーもモノクロも美しい。設定画などは字まで華麗。
水彩はもとより、コピックを使って、どうやってこんなに渋く繊細な色使いができるんだろう。ふだんは子ども向きで、最近はアニメ絵の表紙・挿絵の多い青い鳥文庫も、山田画伯が描くと、なぜに格段に格調高くなるんだろう。
 5月5日には、ライブ・ドローイング・イベントというのがあった。山田さんが約2時間でカラー原画を仕上げるのを見ることができるのだ。私は東京に行って、こちらには行けなかったけれど、参加しようとチャレンジした友人が整理券配布の10時少し前に行ったら、すでに定員250名のところ300名を超えていたらしい。う〜ん、おそるべし。コアなファンがたくさんいるんだわ。会場に入れなかった人たちは部屋の外にモニターでみることができたらしい。また、後半がUstreamで配信されたらしい。後半の展示を観にいったとき、その時に描いた原画も展示されていた。『BEAST of EAST』の鬼王丸だった。
ぜひ、今いつか暁斎とおなじように、京都国立博物館でドドーン!とたくさん展示してほしい。

« GWは河鍋暁斎とヘンリー・ダーガーとコミティア | トップページ | 飛鳥資料館「星々と日月の考古学」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/51946800

この記事へのトラックバック一覧です: 「山田章博 —世界を生み出す魔法の筆—」:

« GWは河鍋暁斎とヘンリー・ダーガーとコミティア | トップページ | 飛鳥資料館「星々と日月の考古学」 »