2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 4月3日「そうさく畑65」に参加します | トップページ | 望都ネタⅡ 萩尾望都原画展 in 福岡アジア美術館 »

2011年4月11日 (月)

望都ネタⅠ 東京駅構内のクリエイターズ・ボックス

 そろそろ復活といったのに10日過ぎてしまった。なかなか気合いが入らない。でも、積み残しネタもいっぱい。
 さて、デビュー40周年ということで、一昨年から萩尾望都さまの周りはいろいろと話題が多い。なんといっても、原画展が最も大きな話題だが、その前に2月に東京にいったときに東京駅構内の書店での期間限定イベントに立ち寄ってきた。

 その京駅構内にHINT INDEX BOOK(公式HPがこちら)という書店がある。そこにCREATOR’S LIBRARYという1ボックス1作家の展示兼販売スペースがある。期間限定で入れ替えがあるだが、雑誌の「フラワーズ」にお知らせが載っていたのだ。新しくできた書店のようで、どこにあるかよくわからなかったのだが、「たぶんここらへん」というカンでさがしたら見つかった。小さな書店だが、カフェやギャラリーが併設されているおしゃれなスポットだ。
 ほんの小さなスペースだけど、レオくんとオスカーの原画があり、レオくんのタンブラーやフレーバーティーなども置いてあった。望都さまの著書やおすすめ本もタイトルを限定して置いていた。
 またカフェも併設されていて、パティシエ辻口博啓がつくる出展クリエイターさん達をイメージしたチョコもあった。4個セットで組み合わせが決まっているので、望都さまのチョコが入っているセットを自分的おみやげに購入した。
 ここの望都さまボックスは3月末までのはずだったのだが、インターネットではまだUPされている。もしかしたら、震災の関係でショップの更新が停滞しているのかもしれない。

201102062215000_2


« 4月3日「そうさく畑65」に参加します | トップページ | 望都ネタⅡ 萩尾望都原画展 in 福岡アジア美術館 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/51361134

この記事へのトラックバック一覧です: 望都ネタⅠ 東京駅構内のクリエイターズ・ボックス:

« 4月3日「そうさく畑65」に参加します | トップページ | 望都ネタⅡ 萩尾望都原画展 in 福岡アジア美術館 »