2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 望都ネタⅣ 書籍『MOTO HAGIO’S A DRUNKEN DREAM AND OTHER STORIES』 | トップページ | 5月5日COMITIA、5月15日関西コミティアに参加します »

2011年4月19日 (火)

望都ネタⅤ 演劇:スタジオライフ「11人いる!」

 震災前、仕事から帰ってから、ネットをウロウロしていて、つい衝動的にスタジオライフのサイトでチケットを申し込んでしまった。mixiの日記で、そう書くと「チャレンジャーですねえ」とコメントがあった。うん、自分もそう思う。
 スタジオライフは東京の劇団で、昨年で25周年になるらしい。いままでも『トーマの心臓』『訪問者』『マージナル』などの萩尾作品を初め、他にも清水玲子の『月の子』や吉田秋生の『カリフォルニア物語』、高屋奈月の『フルーツバスケット』などマンガ作品を舞台化していたので、名前だけは知っていたが、観たことはなかった。役者が男性だけで、そこら辺の萌え要素が含まれるだろうが、25年続いているのだから、まあ、そこそこ悪くはなかろうと思っていた。あまり劇団自体については事前の知識はなかったのである。
 さて、いよいよ3月27日(日)、しばらく小劇場や野外テントの劇しか観ていなかったので、ひさしぶりの大劇場、梅田芸術劇場シアタードラマシティ。1ヶ月ほど前に申し込んだので、席の位置としてはやや後ろよりの20列目。すると、まわりの観客がオペラグラスを持参しているのだ! しまった、そんなことに思いがおよばなかったわ。経験不足が露呈する。
 観た感じは、一言で言えば、原作を知っている人に失望させない忠実さだが、原作以上ではない、ってかんじ? そもそもこの劇を観に来た人で、萩尾望都の『11人いる!』を読んだことのない人っているのだろうか? 私も、ほとんど台詞を憶えているから、舞台進行を観ながら、反芻していた。その中で、「え?それはないよう」というようなヘタにかえているところはなかった。場面転換などよく工夫されていて、舞台化している。コミカルタッチのところなどうまい。でも、こんなふうに、頭の中で原作に照らし合わせながら舞台を観るなんてちょっと邪道かな?と思わないでもなかった。
 昔、夢の遊眠社の舞台『半神』を観たことがあるが、あれのほうが演劇作品をしては私は評価できる。あれはあれでひとつの作品として独立していた。原作は原作、演劇は演劇。演劇としての個性があった。
 と、ちょっと辛口に書いたが、それでもスタジオライフが25年続いていたのは、プラス役者の魅力があるのだろう。ひとりひとりにファンがいるようで、そのおっかけがいるのではないかな。演劇が終わったあと、役者がそのまま出口で挨拶したり友の会の勧誘や物販に立っているのだが、その役者目当てに列ができている。直接、役者と話をしたり握手をしたりして、パンフやGOODSを手渡してもらえるのだ。その列の長さでモテ具合がわかる。萌えない私が悪かった。

« 望都ネタⅣ 書籍『MOTO HAGIO’S A DRUNKEN DREAM AND OTHER STORIES』 | トップページ | 5月5日COMITIA、5月15日関西コミティアに参加します »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/51431540

この記事へのトラックバック一覧です: 望都ネタⅤ 演劇:スタジオライフ「11人いる!」:

« 望都ネタⅣ 書籍『MOTO HAGIO’S A DRUNKEN DREAM AND OTHER STORIES』 | トップページ | 5月5日COMITIA、5月15日関西コミティアに参加します »