2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« テオ・ヤンセン展 | トップページ | 東日本大震災と阪神淡路大震災 »

2011年3月15日 (火)

地震お見舞いと明日は我が身の帰宅困難者

 今回の東日本大震災で被災された多くの皆様、心からお見合いとお悔やみを申し上げます。

 私は関西在住で、状況はTVなどのメディアや関東圏の友人・知人に様子を聞くぐらいしかわからない。せいぜい激励の言葉をかけるのと義援金ぐらいしか出来ないが、東北の津波の被害をみると本当に心がいたむ。あれだけ、大自然の圧倒的な力を見せつけられると、人間だって地球という惑星に住む小さな生物の一種族にすぎないということをひしひしと感じてしまう。この巨大なエネルギーに対抗して何が出来よう。それでも生きるしかないのだ。ひとりひとりのやれることは限られているけれど、出来ることをやっていこう。

 一方の東京の帰宅困難者。(最近は帰宅難民という言葉はメディアでは使わなくなったのか) 京都—大阪間を1時間40分かけて通勤している自分にとって、いつ明日は我が身になってもおかしくない。ちょっと歩いて帰れる距離ではないし、ひどい災害の場合は、職業柄1日や2日どころか、現場を離れられずもっと長く帰れなくなる可能性だってあり、二重の意味で帰宅困難になる。
 ささやかながらの対応策として、私はいつもカバンに、栄養補助食品とペットボトル(これは残業用でもあるので日々更新されるが)と手動式の携帯充電器(ライトにもなる)と方位磁石を持ち歩いている。折りたたみ傘などもいつも入っているので、普段から荷物の多い人間なのだった。
 家の方も、災害用飲料水・簡易トイレの他に、災害用ではないが常備食としてカップ麺やレトルトご飯、インスタント味噌汁やスープがあるし、キャンプ用のアルファ化米やコンロ、シュラフ、銀マットもある。(津波とかで全部持って行かれたらムリだけどね) 最悪、親が二人とも帰れない可能性はあるが、幸い子どもたちもだいぶ大きくなったので、なんとか2人で生き延びてくれと、今回のことで言い含めておいた。

« テオ・ヤンセン展 | トップページ | 東日本大震災と阪神淡路大震災 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/51123184

この記事へのトラックバック一覧です: 地震お見舞いと明日は我が身の帰宅困難者:

« テオ・ヤンセン展 | トップページ | 東日本大震災と阪神淡路大震災 »