2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 書籍『オタクの逝き方』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』15巻 »

2010年11月29日 (月)

ケララバワンと「空と宇宙展」とコミティア

 いろいろ不義理や積み残しや怠慢があるのだが、去る11月13・14日にコミティアにひっかけて東京に行ってきた。今回はタクヤ(小5)と二人でいったので、セッティングするポイントが限られる。いろいろ考えて、ケララバワンと「空と宇宙展」を組み合わせることにした。

 ケララバワンはマンガ家流水りん子さんのダンナさん・サッシーさんがオーナーの南インド料理のお店。練馬区の方にある。流水りん子さんの著書『インド夫婦茶碗』や『働くインド人』を読んでいて、「いつかは行きたい〜」と思っていたお店だ。まあ、そういう動機だけではなくても、南インド料理店というのはなかなかないのだ。日本のインド料理店はほとんど北インド料理で、エッセイマンガにでてくるマサラドーサやバナナの葉っぱで出てくるミールや南インドの朝ごはんウプマなどがメニューにある店はほとんどみあたらない。とりあえずランチに挑戦して、お店の定番をいただこうと思って、最初の目標に設定した。
 ところがここでアクシデントが! ……というか、政情把握ができていなかった私がわるかったよ。新幹線で品川に着いたら、駅の中がおまわりさんだらけだった。それはまあいいとしても、駅のコインロッカーがすべて閉鎖!!! のど元過ぎたらもうわすれているかもしれないが、13・14日は横浜のみなとみらい地区でARECが開催されていたのだ。関東一円が警戒態勢になっているらしい。しかし、困った。こんな大きな荷物をもって動き回りたくない。一度ホテルに荷物を置きに行くことにしたが、こんなときに限って、よく泊まる品川ではなく、ビッグサイト近くのホテルを新規開拓していたのだ。(コミケの時にはこの周辺はまずムリなので) これで、1時間半ほど時間をロスして、ケララバワンについたのが2時前になっていた。
 それでも、店に着くと、まだ人が並んでいたのでビックリした。15分ほどで入ることができたが、これじゃあ、週末のディナーはなかなかきびしそう……。さて、席について、私はミニミールスのセット、タクヤはチャイルドセットをいただいた。ミニミールスについてたケララのパン・パロタをタクヤが気に入って、「(薄くはがれるので)湯葉みたい〜」と言って、半分ほど横取りされた。会計時、サッシーさんに一言ごあいさつしました。ケララバワンのHPはこちら

 そのあと、上野の国立科学博物館を目指すのが、店を出たのが3時、練馬から上野まで地下鉄大江戸線で1時間近くかかった。たどりついたのが4時15分ごろ。つくづくAPECの余波がイタイ。それでも、せっかく来たんだから、お目当ての特別展だけでもみることにした。いつもの特別展会場は仕切りを取り払って、各務原航空博物館のようなハンガー状態になっていた。日本で動力飛行が実現してから100年、その歴史を時代に添って展示していて、最後が「はやぶさ」なのだ。いままで本の写真やCGでしかみなかった「はやぶさ」の実物大の模型があった。大きいといえば大きい、土木現場にある大型作業機械並みの大きさである。が、小さいよなあ。宇宙空間では本当に小さな物体だ。これが、60億キロの宇宙空間を旅して還ってきたのか……、感慨無量である。……が、いかんせん小学5年生にはちょっと難しい展示内容だった。閉館ギリギリまでいて、図録と「隕石おかき」を買って退館する。

 翌日はコミティア。今回はビッグサイト近くのホテルにしたので、朝はゆっくりホテルモーニングをいただく。いつもの子連れエリアだが、5月のGWのコミティアよりやや少なめのような気がする。といっても、お顔なじみのサークルさんもいて、タクヤはすっかりよその子になっていた。でも、もう5年生だから、あとせいぜい1年ぐらいで子連れエリアは卒業だなあ。今回はなぜかお隣が若い男の子3人のサークルで、「配置ミス?」と思ってしまった。こんなこともあるのか。売り上げはぼちぼちだったが、関西コミティアでお隣だったサークルの方が訪ねてくださったり、おひさしぶりに会うサークルさんと発行誌を交換したり、充実した展示スペースをうろついたりできて、元気をいただいた。

« 書籍『オタクの逝き方』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』15巻 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

創作・同人」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/50168063

この記事へのトラックバック一覧です: ケララバワンと「空と宇宙展」とコミティア:

« 書籍『オタクの逝き方』 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』15巻 »