2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

「東洋のマチュピチュ」にバスツアー

 現在、夏の繁忙期に重なって、現場で2ヶ月欠員状態が続いていて、仕事日は夜10時まで状態が続いている。かなりバテバテで家庭生活やウラ稼業にも影響がでているが、ブログの更新も滞りがちになっている。秋はいろいろイベントがあって、せっかくの休日なら……と出かけたくなるのも悩ましい。しかし、そのユ〜ワクをはねのけて、平日2日間の休日を使ってネタを書き溜めようと思っているので、しばらく更新するつもりだ。

 新聞で「天空の産業遺産 東平(とうなる)と別子銅山記念館」というバスツアーを見つけたのは、そういったドタバタ前の7月だった。いや、もっと前の春ぐらいから、そのあおり文句の「東洋のマチュピチュ」ということばが気になっていた。ちょっと下調べすると、けっこう遠い。四国は愛媛県の新居浜市だ。四国なんて、10年以上行ったことないわ。南米のマチュピチュはなかなか行けないけど、四国ならなんとかなる……が、HPでも最寄りの公共機関の案内がなく、アクセスは車しかないようだ。これは、朝7時集合だろうと、やっぱりとりあえずバスツアーがいいかと思って、申し込んだ。
 当日9月23日は、週間天気予報でもよりによってその日だけ雨だった。最近の天気予報はよく当たって、しっかりその日だけ雨がふった。それどころか、早朝5時台ぐらいにものすごい雷がおちたなと思ったら、集合場所につくと大阪方面でJRが停まっていて、添乗員さんと一部の参加者がまだ来ていないというハプニングつき。結局出発したのは、30分遅れの7時30分ごろだった。
 さて、別子銅山跡は、「マイントピア別子」という道の駅の施設になっている。麓の方の「端出場(はでば)ゾーン」では、観光坑道の入り口まで鉱山鉄道に乗って、坑道の中を歩くことが出来る。他にもレストランや温泉などもある。そして、そこからマイクロバスに乗り換えて、車で30分ほどのところに「東平(とうなる)ゾーン」がある。端出場以前に採鉱の本部として栄えた地域だ。歴史資料館などもあり、ここの索道基地や貯鉱庫跡がマチュピチュっぽい……と言ったのは、20年前ぐらいにここに登った荒俣宏らしいのだが、2年ほど前から観光PRに使い出したら、一気に人気急上昇になったらしい。ということを教えてくれたのは、この地域のボランティアガイドさんだった。「マイントピア別子」には、地元のボランティアガイドさんが居て、ずっと同行してくれて、いろいろ詳しく教えてくれる。石見銀山の大久保間歩に行ったときもそうだったが、こういったガイドさんのお話はガイドブック以上のいろいろなネタも含まれていて、とても楽しい。
 しかし、この東平に至る道は、なかなかスリリングだった。HPでもマイクロバス同志は離合できないので、必ず事務所に連絡するようにと書いているぐらいの、ほそいぐねった道で、片や崖っぷち。それなりに熟練していて、道を心得ている人でないとこわい。それでも、最近離合のとき怖がって端に寄ってくれなかったり、バックできない車が入ってくるらしい。
 その間も、それほどきつくはないが、雨がふりつづいている。散策時にはカサとカッパのフル装備。実は、昨年の小松基地での大嵐の経験から、バスの中には、どうしょうもなくドボドボになったときのために、サンダルと着替えを持ってきていたのだった。しかし、それほどひどくはなく、霧にかすむ鉱山遺跡も滅多に見られないからまあいいかと思った。なんせ、下調べに探したネットの写真は、みんなピーカンに晴れているのだ。
 そして、「マイントピア別子」を出発する頃、夕方4時半ぐらいに雨はあがった。帰着は夜の9時半頃。日帰りバスツアーとしてはなかなかハードだったが、行って良かったお気に入りのポイントだった。……ただ、「東洋のマチュピチュ」は、世界遺産のマチュピチュにちょっと申し訳ないような気がする。


100923uz_19

100923uz_38

2010年9月25日 (土)

「古代メキシコ・オルメカ文明展」

 京都文化博物館で7月31日から9月26日まで「古代メキシコ・オルメカ文明展」が開催されている。夏休み中はなかなか休みも自由にならず、しかし、もうすぐ終わるので9月半ばに急いで行ってきた。
 オルメカ文明は、日本がまだ縄文時代の頃、紀元前1200年頃にメキシコに出現し、後のマヤ文明に続く古い文明だ。マヤ文明あたりになると、様式美がずいぶん洗練されてくるけれど、オルメカはなんというか……土臭い。でも、中米・南米の感覚ってやっぱりヘンでいい。タマミちゃんのような仮面もあるし、目つきの悪い土偶もある。ステキ。
 ちょうど学校の夏休み時期なので、「ぬり絵展示コーナー」とか「わたしだけのオルメカヘッド製作」とか子ども向きの企画も打ち出しているけれど、……イマイチ子供ウケはしないだろうなあというディープな企画展示だった。

2010年9月13日 (月)

「文化庁メディア芸術祭 京都展」

 開催期間が9月2日〜12日と短かったので、もう終わってしまったが、京都芸術センターと京都国際マンガミュージアムを会場に開催されていた。
 「文化庁メディア芸術祭」は今で13回目、アート部門・アニメーション部門・エンターテイメント部門・マンガ部門があって、毎回いろいろな作品が受賞しているが、それほどメジャーな作品も多くてよくわからないものも多かった。今回、過去の作品も含めてセレクトされた作品の展示を京都で開催してくれた。それも、チラシを見回しても、マンガミュージアムの入館料以外の料金設定がない。もしかして無料!? タダならこんなおいしい企画はない。行ったらほんとにタダだった。
 というわけで、京都芸術センターと京都国際マンガミュージアムを2日にわけて行ってきた。といっても、日々の雑用もあったので、2日とも昼頃からの半日ぐらいだったので、映像作品のいくつかやトークショーは見れなかったのが残念だ。1ヶ月くらいやってくれればなあ。
 展示は、まるで広島のアニメフェスのような短編映画のプログラムと長編が2編、それに京都芸術センターでは現代アート作品の展示、マンガミュージアムではマンガ原稿の展示があった。私は短編映画を目当てに行ったんだけど、アート作品が予期せぬおもしろさだった。観るだけじゃなくて、さわったり動かしたりできるのだ。さわれば影が動いたり、香で映像が動いたり、点字がしゃべったり、ゲーム的なモノがある。マンガの原稿展示は、最近CGや高性能のパソコンプリントアウトが多い中、ひさしぶりにアナログな直筆原稿をたくさん見た。やっぱり手描きはいいなあ。
 ただ、どちらも日曜日に行ったのに、意外と人が少なかった。映像スペースは出入り自由だったが、いつでも座れたし、並んで待つようなことは一切なかった。マンガミュージアムも通常の利用者はたくさんいたが、メディア芸術祭の上映スペースは空いていた。宣伝不足? しかし、そんなエンターテイメントな作品ばかりじゃないから、偶然観ても「こんなかんじのものとは思わなかった」という人もいるかもしれない。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »