2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« コミックマーケット76 | トップページ | 「文化庁メディア芸術祭 京都展」 »

2010年8月30日 (月)

雑誌「旅行人」の決断

 約2ヶ月ほど前に「旅行人 No.162号 2010下期号」が届いたが、原稿のシュラ場とオモテ稼業の繁忙でつい書き損じてしまっていた。が、今号は見逃せないことがある。
 特集は、「美しきベンガルの大地へ」と題したバングラデシュと西ベンガル州の特集。ああ、やっぱりインド周辺は魅力的!! 前号から連載中の、小島剛一さんの「漂流するトルコ」もおもしろい。
 でも、それよりも、今号の巻末近くの155ページ目をみたとたん、思わず凝視した。
「旅行人が165号(2011年12月発行)をもって休刊します」
いや、予感はなかったわけではない。旅行人は、蔵前仁一個人の旅のミニコミ誌から広がって、出版社になって、全国区の雑誌になっただから、編集者が交代して継続する雑誌ではなく、蔵前さん一代雑誌なんだろうなあと感じていた。だから、寝耳に水というわけではなく、「ああ、その時がきたか。蔵前さんが決断したのね」と思ったのだった。
 今号が162号なので、165号までのこり3号、年2回刊なので、最終刊の165号は1年半先になる。やっぱり、急にやめるより、これくらいの将来は見据えておくべきなんだろうなあ。特に始めるより引き際というのは、いろいろな局面で見定めにくい。……と、自分のオモテ稼業とウラ稼業の将来を考えながら思う。そのページの最後の文面が、「うちの読者も、私と同年代か、ご年配の方が多いと思います。どうぞお身体にはくれぐれもご注意なさって、元気でお過ごし下さり、最後まで本誌をご愛読下されば幸いです。」となっていたので、然りと思って、笑ってしまった。

« コミックマーケット76 | トップページ | 「文化庁メディア芸術祭 京都展」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/49296739

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「旅行人」の決断:

« コミックマーケット76 | トップページ | 「文化庁メディア芸術祭 京都展」 »