2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 『小松左京マガジン』第37巻 | トップページ | 雑誌「SFマガジン」7月号 »

2010年5月31日 (月)

書籍『文藝別冊 萩尾望都』

 まるごと1冊萩尾望都! 非常に力のはいった総特集号である。本人への二万字ロングインタビュー、両親・姉妹へのインタビュー、お仕事場公開、デビュー前の作品・幻の作品公開、マンガ家・作家からの特別寄稿などたいへんたいへん盛りだくさんだ。
 この特集本を読む前に、以前の雑誌「AERA」の記事を読み直した。たった五ページの記事だが、島﨑今日子のキレのいい文章で、人間としての萩尾望都の生き様を綴っている内容の濃い記事だった。今回の本人や家族へのインタビューもその内容と重なる部分があるだろうと思ったのだが、聞き取りをそのまま言葉に表した今回の内容は、印象的にはずいぶんソフトなものだった。家族という変えられない関係で、お互いそれぞれの生を営んでいるのだから、これぐらいの距離が正直なところなんだろうなあと思った。
 マネージャーの城章子さんへのインタビューもあった。城さんがマンガ家だったころの作品を憶えている。いや、雑誌掲載(たしか別冊少女コミック)のころ2〜3作載ったのを読んだ記憶があるのだが、作品を保存してなくて残っていないので作品の内容は憶えているというより、名前を聞くと絵柄が浮かぶ程度である。雑誌に載らなくなったなあと思っていたが、いつの頃か望都サマのマネージャーになったとどこかの記事でみて「ああ。そうだったのか」とヘンに安心した。(というか、マンガと縁をきったわけでなく、ずっとつながりがあったんだと思うとうれしいというか) それも、もう40年近くマネージャーを続けているのか……それもすごい。
 お仕事場の写真もとても興味をひくものだった。机の上の書類・ファイルのいろいろ、書庫の本の山、……それに原稿棚(ああ、ため息がでる) 机まわりがとってもすっきりしたマンガ家さんもいるけれど、望都サマの仕事場はけっこうごちゃごちゃしているんだ〜と楽しくなった。
 しばらく古い作品を読み返していないけど、時間があればゆっくりじっくり読み返してみたいなあという欲望に駆られた。

« 『小松左京マガジン』第37巻 | トップページ | 雑誌「SFマガジン」7月号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最近また読み直してるのでちょっと気になりますよ。
文芸誌ってあまり読まないのですが、探してみます。

ちょっと気の利いた(マンガに理解ある)本屋さんなら、作家別の萩尾望都サマのところにいっしょに置いてあったりするのでしょうが……、そうでなんかったらなかなか探しにくいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/48507921

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍『文藝別冊 萩尾望都』:

« 『小松左京マガジン』第37巻 | トップページ | 雑誌「SFマガジン」7月号 »