2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 雑誌「旅行人」№161(2010年上期号) | トップページ | 自費出版『トキワ荘日記』 »

2010年2月11日 (木)

「聖地チベット —ポタラ宮と天空の至宝—」

 「聖地チベット —ポタラ宮と天空の至宝—」は、大阪歴史博物館にて、1月23日〜3月31日まで開催されている。
 青蔵鉄道が開通したと思ったら、騒乱が起き、状勢がどうなっているのかなかなか情報が入ってこないチベット。さらに高山病の心配もあるので、なかなか行けないところだ。
 そのチベットの仏像はとてもミステリアス。でも、どっかで観たなあと思ったら、昨年国立民族学博物館で観た企画展「チベット ポン教の神々」だった。(この展示では「ボン教」と記している) 三白眼のダルマパ座像、ドロドロしいけどちょっとお茶目なヤマーンタカ立像、コスプレとしてもインパクトがあるチャム装束、医学解剖図の四部医典タンカもとってもユニーク。やっぱり独特な文化なんだよなあ。中国政府がどういおうと。お互い認め合うわけにはいかないんだろうか。はやく平和がくることを祈りたい。

« 雑誌「旅行人」№161(2010年上期号) | トップページ | 自費出版『トキワ荘日記』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/47541671

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖地チベット —ポタラ宮と天空の至宝—」:

« 雑誌「旅行人」№161(2010年上期号) | トップページ | 自費出版『トキワ荘日記』 »