2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 演劇「イキシマ」と、松本雄吉+やなぎみわのアフタートーク | トップページ | 映画『アバター』 »

2010年2月25日 (木)

翻訳家・浅倉久志さんの訃報

 翻訳家の浅倉久志さんが2月14日にお亡くなりになった。享年79歳。
 最近、SF界は訃報が多いなあ。「SFマガジン」はしょっちゅう追悼特集を組んでるよ。
 SFを読みはじめたときは、翻訳者まで気が回らなかったが、今思えばあれもこれもと浅倉さんの翻訳をかなり読んでいる。というか、「SFの基本」といわれるような作品をたくさん訳しているのだ。某図書館の著者検索で調べてみたら、アンソロジーや再版も含まれるが約250冊あった。その中には、『重力の使命』『世界の中心で愛を叫んだけもの』『アンドロメダ病原体』『伝道の書に捧げる薔薇』『アンドロイドは電気羊の夢をみるか?』『スラン』『ヴァーミリオン・サンズ』『タイタンの妖女』………名作・基本図書が数知れず。それに、私にとっては、浅倉さんが『ノーストリリア』と『たったひとつに冴えたやりかた』を訳してくれなければ、コードウェイナー・スミスもジェイムズ・ティプトリー・ジュニアにも出逢わなかったんだわと思うと、いくら感謝しても感謝しきれないくらいである。
 とても読みやすい文章だし、浅倉さんの手によるのかどうかわからないが、日本語タイトルがとてもカッコイイのが多い。

 謹んでご冥福をお祈りします。

« 演劇「イキシマ」と、松本雄吉+やなぎみわのアフタートーク | トップページ | 映画『アバター』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/47656702

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳家・浅倉久志さんの訃報:

« 演劇「イキシマ」と、松本雄吉+やなぎみわのアフタートーク | トップページ | 映画『アバター』 »