2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年同人活動決算報告 | トップページ | 書籍『最強の戦闘機パイロット』 »

2010年1月14日 (木)

パラパラマンガにひとめぼれ

 今はバーゲンの時期だが、本屋にバーゲンはない。だから時期は特に定めずに、年に何回か大型書店に行って、目的もなくても興味のあるジャンルの棚を巡回するようにしている。すると、予定がなくても何冊か買ってしまう。まあ、バーゲンで服やアクセや靴を買うより安上がりかもしれないが。

 先日、つい買ってしまったのは、これ。
『客の多い穴』 『めからかいこうせん』 『ばくだんむし』 『階段のふり』 
                         もうひとつの研究所著 (青幻社)

「パラパラブックス」というシリーズの4冊。美術の棚に、まるで箱入りアーモンドチョコレートのような感じで置かれていたのだ。でも、ちゃんとISBNのある書籍だ。アニメの原点・パラパラマンガの本なのだが、オールカラーのうえ、後の2冊は穴あきパラパラ。これがなかなかおもしろい! アイディアの勝利だ。どうおもしろいかは、いちどパラパラしてみれば一目瞭然だ。
30秒で読める本に1000円(穴あきは1200円)払うかどうかは、なかなか勇気のいるところだが、どの本屋にでもおいてあるわけでなく、家に帰ってみんなにみせたかったので、4冊衝動買いしてしまった。発行元の青幻社は京都の出版社だ。京都に住んでいて、大阪の本屋で、京都の出版社の本を買うってどうよ!?と思いながら、まあこれもひとつの巡り合わせというものか。
 著者のもうひとつの研究所さんについては、ナゾ。ネットを検索すると、ちゃんとHPがあったが、それでも正体不明。どうも、2人のユニットで、この4冊が商業出版される前に、同じようなものを自費出版してアートショップなどで販売していたようだ。発行が京都の出版社で、精華大がらみのshin-biとかにも置いているらしいから、案外関西にいるのかもしれない。

« 2009年同人活動決算報告 | トップページ | 書籍『最強の戦闘機パイロット』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/47288909

この記事へのトラックバック一覧です: パラパラマンガにひとめぼれ:

« 2009年同人活動決算報告 | トップページ | 書籍『最強の戦闘機パイロット』 »