2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 小説『トーマの心臓』 | トップページ | 「聖地チベット —ポタラ宮と天空の至宝—」 »

2010年1月29日 (金)

雑誌「旅行人」№161(2010年上期号)

 年2回発行になって、忘れた頃に届く「旅行人」。その分分厚くなって、1冊読み切るのに時間がかかる。これはたしか昨年の11月か12月に届いたはず。
 今回の特集は「旧ユーゴスラヴィアを歩く」。旧ユーゴといえば、オモテ稼業で、「また国がかわりそうだから、高価な世界地図帳を買うのはもう少し様子をみよう」とか「旅行のガイドブックは、もう少し世情が落ち着いてからのほうがいいかなあ」と図書選定の逡巡のもとになっている地域だ。でも、その分裂してからの国々の違いがよくわからなかった。クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ。渡邉義孝さん、杉江真理子さん、森優子さんの3人が9章の手記を寄せているが、それぞれの国の中もまだ1枚岩ではなく、宗教と民族が入り交じって、まだまだ複雑だ。早く平和がくることを願いたい。
 他には、小島剛一さんの「漂流するトルコ」がおもしろかった。この人の前著を読んでいないが、トルコもトルコ人だけの国ではなかったのか。しかし、いったいこの人はいくつの言語をしゃべれるんだ?!
 蔵前さんと小川さん夫婦のオーストラリア・キャンプ旅、井王明さんのインドのラジャスターンに口琴をたずねる旅など、特集以外にもいろいろな旅がこの1冊につまっている。

« 小説『トーマの心臓』 | トップページ | 「聖地チベット —ポタラ宮と天空の至宝—」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/47417102

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「旅行人」№161(2010年上期号):

« 小説『トーマの心臓』 | トップページ | 「聖地チベット —ポタラ宮と天空の至宝—」 »