2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 小松基地航空祭、リベンジならず | トップページ | どっちの見え方がいいでしょう? »

2009年11月26日 (木)

泉涌寺も夜間拝観

 近年、紅葉やさくらの季節に、お寺が夜間拝観を行うようになったが、9月20〜23日と11月12〜16日に、ついにうちの近所の泉涌寺も初めて(だと思う)夜間拝観を行っていた。皇室の菩提寺で「御寺」といわれるほどで、格が高くて、そんな俗っぽいことはしないだろうと思っていたので、ちょっとびっくりした。が、紅葉にあわせてというわけではない。「奉祝 今上陛下御即位20年」を記念してということらしいので、今後毎年というわけではないようだ。もしかしたら、即位30年ぐらいにまたやるのかもしれない。
 おまけに11月には、夜間拝観開始前日に町内会で提灯行列というのがあったのだが、平日の4時半集合なんて、サラリーマンにはとてもムリな時間帯なので、参加しなかった。が、泉涌寺の方から、地域に拝観招待券が配布されていたので、なんとか行ける1日を使って散歩がてら行ってみることにした。
 行って、驚いた。境内に入ると、仏殿・舎利殿の両脇に物販ブースが設けられていたのだ。ケータイ屋とか漬け物屋とかあんみつ・和菓子(そこでも食べられる)とか、ちりめん山椒とか、郵便局とか、書の色紙とか、泉涌寺の絵はがきやケータイに貼るような蒔絵シールとか…… そして、舎利殿では三味線とシタールの音楽奉納を行っていた。別の日には筑前琵琶の上原まりさんも来るらしい。宮内庁もずいぶんやわらかくなったなあ。
 またそれに併せて、1月にはいっしょに七福神をするご近所のお寺、雲龍院・戒光寺・即成院・悲田院・法音院などもいっしょに夜間拝観を行っていた。京都駅からは無料シャトルバスも往復している。けっこう派手なキャンペーンのはりかただ。しかし、どのお寺も本堂や庭園の拝観は有料になっている。いかんせん、おサイフを持ってきてなくて、お買い物も本気の拝観もまったくせずに帰ってきた。

« 小松基地航空祭、リベンジならず | トップページ | どっちの見え方がいいでしょう? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/46862010

この記事へのトラックバック一覧です: 泉涌寺も夜間拝観:

« 小松基地航空祭、リベンジならず | トップページ | どっちの見え方がいいでしょう? »