2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 『さよならジュピター』 小説と映画とプチ講演 | トップページ | 泉涌寺も夜間拝観 »

2009年11月24日 (火)

小松基地航空祭、リベンジならず

 昨年に続いて、「航空祭 in KOMATSU」に行ってきた。昨年は天候がイマイチで、ブルーインパルスの展示飛行も、半分ほどで中止になってしまったので、今年こそフルタイムでと思ったが(先日の岐阜基地では、異種編隊飛行などもあって、もともとプログラムが小松より短いのだ)、今年もお天気運がなくてリベンジならずで、後半は昨年よりもすごい嵐になり展示飛行は中止になってしまった。残念。

 今年の小松基地航空祭は、11月1日。昨年より1ヶ月以上遅い。ここは、あまり交通が便利じゃないので、昨年と同じバスツアーに申し込んだ。今年は、なぜかネットのサイトが更新されず、なかなか情報がでてこない。家でとってる新聞社の系列なので、毎日新聞をチェックしていると、ようやく岐阜・浜松・小松セットで旅行案内が出た。が、ネットが使えないので、予約の電話はそれから1週間ほどたってようやくかけることができた。が、そのタイミングで、バスは昨年と同じ2号車。今年は5台だったようだ。あまりアセらなくてもよかったか。
 午前中はまだ、曇ってはいるが昨年よりマシで、このままもってほしいと思ったが、シートを広げられる格納庫でお弁当を食べている途中でポツポツと雨が降り出してきた。ブルーインパルスの展示飛行が始まるのは1時10分からなのだが、そのあたりになるとだんだん雲行きが怪しくなって、風も強くなってきた。それでも、放送がかかり、6機が順次滑走路に向かっていく。エプロンではカサはご迷惑なので、カッパを着る。荷物は持ってきたゴミ袋の中に入れる。(多少カッコわるいが、ぬれるのをかなり防げる)それでも1機離陸した。が、そのあと他の機体は続かない。どうやら上空の状態やスモークの具合を調査していたようだ。でも、そのスモークの状態をみると、「こりゃ、ムリだよなあ」と思わせるものだった。案の定、中止の放送がはいると、多くのギャラリーは素直に(と、思われる)エプロン地区から散りだした。飛ばなかった機体から、はでにスモークを噴出していた。2日後には入間基地で展示飛行をするはずだが、入れたままにはしとかないのね。
 それからが、タイヘンだった。あっという間に天候がさらに悪化。折りたたみカサがひっくりかえるような風と、カッパを着ていても足もとがグショグショになるほどの大雨で、食べ物や物販屋台も継続が不可能なほどだった。昼時は過ぎていたとはいえ、これは売り上げにイタイだろうなあ。駅までのシャトルバスやタクシー待ちが長蛇の列になっていた。あまり本格的な雨装備をしていない人も多くて、これは、なかなかつらそう。私たちは駐車場のバスまでたどり着ければ、とりあえず雨風はしのげるが、それでも湿気っているので、バスの中はエアコン全開。集合時間より早いけれど、メンツがそろったバスから次々離脱していく。
 というわけで、天候の当たり外れは野外イベントの宿命だが、軍艦島といい、首都圏外郭放水路といい、今年はどうもお天気運がない。

« 『さよならジュピター』 小説と映画とプチ講演 | トップページ | 泉涌寺も夜間拝観 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/46845812

この記事へのトラックバック一覧です: 小松基地航空祭、リベンジならず:

« 『さよならジュピター』 小説と映画とプチ講演 | トップページ | 泉涌寺も夜間拝観 »