2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 民博『自然のこえ 命のかたち』 | トップページ | バスツアー『アルパカ牧場・ヨーデルの森&神戸市立フルーツフラワーパーク』 »

2009年10月 2日 (金)

映画『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』

 家族サービスの土曜日に、小学校でのPTA行事・親子将棋教室のあと、タクヤ(小4)といっしょにみなみ会館に初日の『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』を観にいってきた。関東地区では夏に公開したらしいが、京都では9月の公開だった。初日プレゼントにウォレスとグルミットのパッケージの袋に入った紅茶パックをもらった。さすがイギリス。
 今回の作品が5作目で、1〜3作目のデジタルリマスター版も同時公開していて、約2時間の上映だった。子どもといっしょだったので、吹替版を観たのだが、ウォレスの声が萩本欽一から津川雅彦に4作とも替わっていた。なんとなく旧作のセリフまわしも違っているような気がする。アフレコを全面的にやり直したようだ。あたしゃ、欽ちゃんのほうが好きなんだけどなあ。
 新作のほうは、相変わらず丁寧なクレイアニメだが、なんだか印象がちがう。思いつくと、いきなり連続殺人事件がおこる。今までの作品では、あまりオモテだって人死には起こっていなかった。どちらかというと、おバカネタっぽい、センスあるユーモア話ってかんじが多かった気がする。悪役の死に方もはっきりとは見せていないがグロ。もともとこのシリーズはタイトルも映画をパロッているし、今回はホラー調にわざと仕上げたのだろうが、やっぱウォレスとグルミットに殺人は似合わないなあと思った。
 今回のパンフレットは、グルミットが読んでる新聞っぽくしていて、とってもユニークでGOOD。

« 民博『自然のこえ 命のかたち』 | トップページ | バスツアー『アルパカ牧場・ヨーデルの森&神戸市立フルーツフラワーパーク』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/46367229

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』:

« 民博『自然のこえ 命のかたち』 | トップページ | バスツアー『アルパカ牧場・ヨーデルの森&神戸市立フルーツフラワーパーク』 »