2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 映画『アラビアのロレンス 完全版』 | トップページ | 民博『自然のこえ 命のかたち』 »

2009年9月10日 (木)

2009夏コミの収穫

去る8月16日に夏のコミックマーケットに参加してきた。今回は(も?)一人参加だったのだが、ふだんから創作系のお買い物はコミティアあたりの方が並ばずに買えるので、コミケではあまり時間をかけない。今回も創作系ととなりの評論系のエリアをザザッとまわってきただけだった。なので、いつもの作者さん以外、新規開拓をしていないのがちょっと反省点。

 『竜宮』7章 時枝理子著 (TIMES)
 理子さんのファンタジーマンガも第7章、次回で完結らしい。子育てしながら、庭仕事しながら、いろいろ忙しそうだが、創作ペースがおちない驚異の人だ。これからもがんばってほしい。

 『SYLVAN』、『WALK WITE DRAGONS』 荻原征弥著(FUKURO・KOUJI)
 長いおつきあい(一方的な)ですが、最近ミニ絵本が多い荻原さん。手塗りのカラーイラストは美しく、手作りの装丁の妙はバツグンなんだけど、ストーリーマンガも読みたいな〜 

 『画本 般若湯』 佐藤美絵著 (花喰舎)
 なかなか最近はコミケ以外にはお目にかかれなくなったけど、りんさんの切り絵イラストはすごく美しいし、装丁も凝っている。あれ、ペンネームが「りん」じゃない? と思ったら、この本では、「画 佐藤美絵、文 りん」になっていた。使い分けしているのかな?

 『belneのComic Work Shop 総集編』(新潟コミティア実行委員会)
belne(ベルネ)さんは、プロデビューもしているし、大学のマンガの先生もしているし、同人もしているし、忙しい人なんだが、ずっと新潟コミティアでワークショップもしていた。その総集編。(東京のティアズマガジン掲載分も収録) すみません、実はまだ全部よんでない。新潟は2000年から。(まだ続いている?) 東京の方も含め、初出年月日、実施年月日をもう少しはっきり書いておいてくれた方が、こういう感想をかくときありがたいなあ。文章が多くて、読むのに時間がかかるかもしれないが、私らのような年寄りではなく、若い人たちにぜひ読んでほしいと思う。

 『僕らを育てたSFのすごい人』(アンド・ナウの会)
 SF大会に行ってればディーラーズルームで買っただろうけど、不参加だったので、コミケで出会えて1年待たずにすんでよかった。作家・山本弘さんによる『宇宙塵』の柴野拓美さんへのインタビューの本だ。いちばんの有名どころなので「宇宙塵の」と頭にそえたけれど、柴野さんはそればかりではなく、表紙には柴野拓美(日本空飛ぶ円盤研究会、『宇宙塵』主宰、第1回日本SF大会主催、『ガッチャマン』SF考証、翻訳家)とあるように、いろいろな分野で活躍している。それに山本さんも、ある程度下調べもしたかもしれないが、こっちも詳しい。私も知らなかった昔のSFうら話をいろいろ読めて、楽しかった。

« 映画『アラビアのロレンス 完全版』 | トップページ | 民博『自然のこえ 命のかたち』 »

創作・同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/46175354

この記事へのトラックバック一覧です: 2009夏コミの収穫:

« 映画『アラビアのロレンス 完全版』 | トップページ | 民博『自然のこえ 命のかたち』 »