2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 小説『虐殺器官』 | トップページ | 小説『ハーモニー』 »

2009年6月 6日 (土)

「小松左京マガジン 第33号」

 ここんところ読むのがおっつかず、感想も毎回UPとはいかないが、「小松左京マガジン」は順調に発行されている。これを書いている時点ではひとやま越えているが、5月は神戸を起点に大阪、滋賀・京都と新型インフルエンザでおおさわぎだった。メキシコで発生当時、思わず『復活の日』を連想したが、幸い弱毒性のようで南極以外人類絶滅にならずにすみそうだ。その中で別にこの事態を予測したわけではないだろうが、ディープな医学博士(と私が勝手に呼んでいる)下村健寿さんの「「復活の日」から読み解くバイオロジー3 黒死病流行の「原因」のなぞ」はまさにタイムリー。ここんとこ、ちょっと内容がむつかしいなあ、しんどいなあと思っていたが、今回は少しやわらかめでおもしろく読ませてもらった。私は、ペスト=黒死病(俗称)だとずっと思っていた。ずいぶん昔に読んだマンガにも、黒死病と書いてペストとふりがなをふっていたのをしっかり覚えている。ちがうかもしれないという説は眼からウロコだった。では、なんだったのか? 創造すればSF、解明すればノーベル賞か?
 巻頭インタビューは、夫君の巽孝之さんとそろって元気に活躍されている小谷真理さん。高校時代からSFにめぐまれた環境にあったとはうらやましい。「賢人話、あるいは小松左京の大口舌」も3回目で、大阪弁のインタビューは絶好調だ。

« 小説『虐殺器官』 | トップページ | 小説『ハーモニー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/45256729

この記事へのトラックバック一覧です: 「小松左京マガジン 第33号」:

« 小説『虐殺器官』 | トップページ | 小説『ハーモニー』 »