2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 旅行記『無敵のインド』 | トップページ | 追悼:J.G.バラード »

2009年5月30日 (土)

三たび飛鳥へ —白虎と青龍に出逢う—

 ここ3年ほど年1回奈良の飛鳥に行っている。飛鳥資料館でキトラ古墳の特別展示があるからだ。2007年の玄武の壁画公開の時はブログに書いた。昨年2008年は「春の狂乱」に取り紛れ、書きそこねてしまったが、十二支の壁画の公開だった。そして、今年は青龍だが、青龍は汚破損が激しく、素人目にみると、向かって右側の顔と前足あたりのちょっとした部分しか見えない。アピール度が低いと思ったのか、2006年の第1回に公開した白虎とセットで今回公開された。第1回公開の時は開催を知らずに行けなかったので、私的にはうれしい。さて、来年はいよいよ朱雀か。
 今年の公開は5月8日(金)〜24日(日)。土日出勤の関係で、選択の余地なく9日(土)に行くことにした。昨年までは、土日は1時間待ち・2時間待ちがザラだったので、覚悟していったのだが、おっと、びっくり! 待ち時間10分!! 昨年は時間指定の整理券を配っていたが、それもなかった。入ってみると、キトラの壁画がある特別展示室の中で、少し列になっている程度で、それもよどみなく流れていっている。う〜ん、どうした? そろそろブームに陰りがでてきたのか。
 この二年間で飛鳥の奇石はほぼ回ったが、ちょっと遠くの祝戸地区にある「マラ石」と橘寺の中にある「二面石」をまだ見ていなかったので、そこを訪れた。これでコンプリート!と思ったら、「益田の岩船」を忘れていた。駅の西側にあるので、飛鳥資料館とは反対側になるのだ。来年のおたのしみにとっておこう。

« 旅行記『無敵のインド』 | トップページ | 追悼:J.G.バラード »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/45175565

この記事へのトラックバック一覧です: 三たび飛鳥へ —白虎と青龍に出逢う—:

« 旅行記『無敵のインド』 | トップページ | 追悼:J.G.バラード »