2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 映画『スラムドッグ$ミリオネア』 | トップページ | 流水りんこさん、エッセイマンガ3連発 »

2009年5月23日 (土)

マンガ『period(ピリオド)』3巻

 『period(ピリオド)』ⅲ(3巻) 吉野朔実著 (小学館)
 本屋の売り場で、横に『ガラスの仮面』の4年ぶりの新刊が出ていたが、これもⅱが2005年なので
ほぼ4年ぶり。私、待ってました〜
 家庭内暴力父が入院中の間、施設に入った迥(はるか)とヨキの兄弟は、その施設が火事で焼け落ちた後、いとこの家に同居することになる。その後も次々と危機が訪れる。子どもは親を選べない……、誰も代わってやれないそれぞれの危うい立場に生きている子どもたち。主人公の迥(はるか)とヨキの兄弟も、いとこのまいらも。
 その悲惨な状況にかかわらず、同情や哀れみはこの作品には適さない。きっと、それは彼らが自分たちを「かわいそうな」と思っていないからだろう。一生懸命?けなげに? そういう言葉もちょっとちがう。したたかに?図太く? そうかもしれないけど、そればかりじゃない。言葉に言い表せないが、心が痛くなる。今後の展開も想像がつかないが、どこに行き着くのか眼がはなせない。

« 映画『スラムドッグ$ミリオネア』 | トップページ | 流水りんこさん、エッセイマンガ3連発 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/45097964

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『period(ピリオド)』3巻:

« 映画『スラムドッグ$ミリオネア』 | トップページ | 流水りんこさん、エッセイマンガ3連発 »