2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

小説『新世界より』

『新世界より』(上・下) 貴志祐介著(講談社)
 今年度、アニメ『電脳コイル』と同時受賞で、日本SF大賞をとった作品だ。それに、漏れ聞くと、図書館がでてくるらしい。なら、読んでみなければ……と思ったけれど、この作者の作品を読んだことがないし、SF作家という認識がなかった(どっちかというと、ホラー系の人?)ので、とりあえず図書館で借りて読むことにした。日本SF大賞をとったからというわけでなく、もともとそれなりに人気があった作家なので、予約をいれてから順番がくるまでけっこうかかった。次も予約が続いているので、早く読んでチャッチャと回さなくっちゃ。やっぱり締め切りは機動力になるなあ。
 上・下巻とも500ページを超える大作だが、読み始めると調子よく読めた。おもしろいっちゃ、おもしろいけど、好みじゃないな、と思って優良可の「良」ぐらい。超能力ものってSFでは使い尽くされているので、斬新な大傑作になるのはとても難しい。これも、変奏曲ってあたりで、ちょっとバリエーションをきかせて凝った舞台を作ったという感じだ。なんとなく読みながら、子どもが管理されるのは竹宮惠子の『地球(テラ)へ……』やロイス・ローリーの『ザ・ギバー』を思い浮かべ、「家路」の曲がネタになるのは同じく文明が崩壊した世界を描いた田村由美の『7SEEDS』を連想させ、未来の世界の造形はいとうせいこうの『アドバード』と宮崎駿の『風の谷のナウシカ』をイメージした。
 それと、ストーリーの後味が悪いのは、やたら人死に(人以外も)が多く、その死に方がグロいせいか。それに、個個人は前向きで良心的でも、このストーリー上の人類という種の設定がネガティヴなのだ。
 しかし、国会図書館の自走式検索端末はなかなかユニークだった。破壊されそうになると、とたんに手続きを省略してしまうお茶目さは、「いかんだろう」と思いながら、「かわいい」とつぶやいてしまうぞ。

2009年3月17日 (火)

花粉と青春18切符と大河内発電所

 ここ1ヶ月半ほど沈没していて、前回の日記どおり原稿が進んだかと言えば、その後花粉の時期(今年は2月半ばからで早かったぞ)に突入して、怠惰な毎日を過ごしていた。今年の花粉はきつい。特に3月に入ってからは、夜布団で横になると、鼻がつまって、のどがいたくて、眠れないのだ。まだ、起きている方がマシ。でも、ティッシュが手放せず、すべてが非効率的。花粉症になって10数年、今年が一番最悪だ。
 なので、PTAやらでやらなきゃならんこと以外は、ずっとひきこもりがちな休日だったが、少しは家族サービスもかねて能動的な休日にしようと計画をたてた。といっても、最近家族で動くと、交通費も宿泊代も食費も約4倍かかる(小学生といえど0.5にはならない)ので、いままで「時は金なり」と思って手を出していなかった青春18切符を買ってみた。青春18切符は、学生の休みごとに期間限定で発売されていて、春は3月1日〜4月10日まで使える。1回2300円の5枚綴りで、 その日のJR普通~新快速が乗り放題。特急・急行や新幹線は乗れない。実は3月の終わりに、父ちゃんが土日の泊まりの仕事が入っていて、それに併せて職場に休みをまわしてもらったら、月曜日も併せてめずらしく三連休になったので、石見銀山の間歩(まぶ:鉱山の坑道のこと)に行く計画をたてていた。はじめは、それに使えるかとルートを組んでみたが、あまりに時間が食うのであきらめた。そこで、基本日帰りということで、兵庫県のど真ん中にある大河内発電所に行ってみた。
 この2カ所の共通点はというと、「地下探検」。以前、福井の恐竜博の時、和泉村の「アドベンチャーランドなかたつ」(中竜鉱山の跡地を観光施設としたもの:2006年閉館)に行って以来、地下探検は魅力的なキーワードだったが、最近ピッタリの本をみつけた。
『ニッポン地下観光ガイド』(アスペクト刊) 
石見銀山の間歩も大河内発電所も、その本に載っていたのだ。
 大河内発電所は、上部と下部のふたつのダムの水を、夜に汲み上げ、昼に降ろして発電する「揚水発電所」で、その二つのダムの間の地面の中に発電所がある。近くに「エル・ビレッジ・おおかわち」という関西電力のPR施設があり、そこから見学のバスがでていて、見学時間は30分ほどだ。発電所に入って、洞穴のようなトンネルを通るのはなかなかいいが、施設の説明としてはいたって簡単。イマイチ物足りなさを感じたのは、どうやら発電機が4台とも止まっていたせいのようだ。説明によると、原子力や火力は簡単に動かしたり止めたりできないので、その微調整を水力発電で行っているとのことで、土日は工場などの産業施設が停止しているから止まっていることが多いらしいのだ。動き始めると、隣の人の声も聞こえないくらいの轟音が響き、回転軸が高速で回転する様子はなかなかすごいらしい。そうか、そこまで考えていなかった。
 大河内発電所は播但線の寺前という駅が最寄りになるが、バスも不便で、駅からはタクシーしかない。約10分で、3000円弱。基本的に車で来るところのようだが、京都からはちょっと不便だなあ。JRのほうは、行きで京都、帰りに大阪で途中下車して寄り道をしたので、通常の交通費6030円分を乗ってきた。JRはずいぶん得した気分だったが、タクシー代は痛かった。(4人分ならしかたないか)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »