2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 1月11日の「COMIC CITY大阪72」に参加します | トップページ | 冬コミの収穫 »

2009年1月 9日 (金)

マンガ『エリノア』

 『エリノア』 谷口ひとみ著 (さわらび工房)
 復刊ドットコムで、「今から42年前、雑誌「週刊少女フレンド」に掲載された『エリノア』。作者の谷口ひとみさんはこのデビュー作を発表後に亡くなられているためこれまで一度も単行本化されていなかったという、幻の作品です!」というあおり文句で案内があり、つい申し込んでしまった。
1966年に雑誌掲載というから、私はリアルタイムでは読んでいない。でも、今でも復刊のリクエストがあるという幻のマンガだというのだから、ぜひ読んでみたい。
 12月に届いたそれは、まるで同人誌のようだった。48ページの作品1作きりしか残っていないので市販の単行本のようになりようがないし、原稿も紛失しているので、雑誌掲載時からおこしたとのことだ。読んでみたがやっぱり記憶がなく、作品自体へののめり込み度はイマイチ。だが、この時代の少女マンガで、17歳の新人が描いた作品で、ハッピーエンドかアンハッピーエンドかどちらともいえない、考えさせられるようなストーリーを読んだら、やっぱり記憶に残るだろうなあと客観的に思った。
 この本が出版されるまでの、編者とご遺族の交渉の経過も後書きに書かれていて、知らなかった作家とはいえ、作者の夭折には心が痛む。
 作品自体はとても気に入ったわけではないが、出会えてよかったと思う。

« 1月11日の「COMIC CITY大阪72」に参加します | トップページ | 冬コミの収穫 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/43683879

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『エリノア』:

« 1月11日の「COMIC CITY大阪72」に参加します | トップページ | 冬コミの収穫 »