2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新しいMACがやってきた | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2008年12月18日 (木)

「2008 GIFU AIR FESTIVAL」(岐阜基地航空祭)

 9月21日の小松基地に続いて、11月30日に岐阜基地の航空祭に行ってきた。これまで2〜3年、まったく開催日にあわせて休みをとることができなかったのに、行ける時は、続けて行けるもんなんだなあ、これも運か。
 今回はたまたま、10月のはじめに新聞の折り込み広告でバスツアーを見つけたのだが、前回お世話になった京都新聞旅行センターではなく、読売旅行。ネットで念のため検索をかけてみたが、京都新聞旅行センターはツアーを出していないようだった。最近はインターネットでいろいろ下調べができて、本当に便利だ。調べてみると、岐阜基地は、割と街中にあって、最寄りの電車の駅からでも歩いて行ける。これならバスツアーを使わなくても行けるかと思ったのだが、バスツアーの料金は5550円、しかもお弁当付き。京都から新幹線を使うと往復この倍はかかる。う〜んと考えて、やっぱり経費をケチって、早起きしてバスツアーで行くことにした。
 岐阜は小松より近くて、7時15分出発で10時ぐらいにはもう現地に着いたので、オープニングフライトの途中から、3時の閉会までほぼめいっぱい会場にいることができた。初心者なので、詳しいことを知らなかったが、基地によっていろいろ違いがあって、岐阜基地は常駐する航空機の種類が多いらしい。アルファベットと数字でいわれてもよくわからんが、わかる人にはわかるんだろう。
飛行展示も小松で見たブルーインパルスやF-2・F-15の機動飛行以外に、異機種大編隊の飛行があったり、複葉機を操るアクロバット・チーム「エアロック」の展示や、イランに派遣されていた輸送機C-130の航過飛行があったりと盛りだくさんだった。その分、ブルーインパルスの展示飛行は40分と小松の時よりちょっと短め。
 今回は、目が慣れたのか、ずいぶん飛行展示の機体を追えるようになった。放送もよく聞こえていたし、だいたいどういう方向で飛んでくるかがわかってきたので、ほとんどをビデオに収めることができた。ただ、メイン会場の北地区の会場から飛行展示をみていると、逆光になって、とてもまぶしい。(う〜ん、それってぜいたく?) もう一つ、滑走路をへだてて、小さめの南地区があるのだが、歩いていってみようとしたら「30分ほどかかります」といわれた。シャトルバスがあったが長蛇の列だったので、あきらめた。
 問題は、帰りだ。岐阜基地は基地内に駐車場がないので、バスは近くに待機していて、集合時間にまた戻ってくる。……はずだったが、戻ってこない。さもありなん、前の道路はそんなに広くないのに、終わったらみんないっせいに同じ行動をとるのだ。そもそも、帰りの予定時間が、3時に再集合で、京都の帰着時間でどうして19時30分頃着なんだと思っていたら(行きは2時間半、帰り4時間半という差)、そういう訳だったのか。「バスに近づくためにちょっと歩きます」といって、基地から離れたところでバスと合流したが、次はなかなか高速までたどりつけない。それでも、帰り着いたら、予定より10分遅れ程度だったので、いつも帰りはこんな具合なのか。やっぱり次来るとしたら電車にしてみようかなと思った。

« 新しいMACがやってきた | トップページ | 明けましておめでとうございます »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/43452230

この記事へのトラックバック一覧です: 「2008 GIFU AIR FESTIVAL」(岐阜基地航空祭):

« 新しいMACがやってきた | トップページ | 明けましておめでとうございます »