2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« マンガ『天顕祭』2種 | トップページ | マンガ『鋼の錬金術師』20巻 »

2008年9月 3日 (水)

小説『別冊図書館戦争』Ⅰ、Ⅱ

 『別冊図書館戦争』Ⅰ、Ⅱ 有川 浩著(アスキー・メディアワークス刊)
 Ⅰ巻目の感想を書く前にⅡ巻目がでてしまった。しかし、2冊そろえてならべると赤と青で、まるでキカイダー……っていう意図はきっとないでしょうね。
 Ⅰ巻目は、『図書館革命』後の郁と堂上のエピソードを4つ、Ⅱ巻目は、図書隊の緒方副隊長の話と、若かりし堂上&小牧コンビの話と、柴崎と手塚の後日談だ。緒方さんの話がいちばん切なくてよかったなあ。他はまあ…丁々発止の会話の中に、思わず口元がゆるんでしまうような甘々な状況が…… 柴崎、すきだよ! 
 Ⅱ巻目の帯に「これにて幕引き」と書いてあるので、もう本当にこれで終わりかな。
「図書館の自由に関する宣言」をこれだけメジャーに拡げてくれた作品。あらためて、ギョーカイ人としてお礼をいいたい。ありがとう!!!

« マンガ『天顕祭』2種 | トップページ | マンガ『鋼の錬金術師』20巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/42371152

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『別冊図書館戦争』Ⅰ、Ⅱ:

« マンガ『天顕祭』2種 | トップページ | マンガ『鋼の錬金術師』20巻 »