2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 映画『カンフー・パンダ』 | トップページ | 「航空祭 in KOMATSU」(これも長文になってしまった) »

2008年9月15日 (月)

「国際マンガサミットフェスタ2008」(ちょっと長文)

 9月6日(土)〜8日(月)まで、「第9回国際マンガサミット京都大会」が開催され、その併設イベントの「国際マンガサミットフェスタ2008」が6・7日にあったので、7日の休日に家族で行ってきた。
 はい、ここでまちがえないように! 行ってきたのはフェスタの方で、サミット自体ではありません。詳しくは、公式HPを見ればわかるが、「第9回国際マンガサミット京都大会」は、一般人は入れない。マンガ家・マンガ原作者・マンガ関係者の学会のようなもので、関係者以外立入禁止なので、どういう内容かは詳しくはうかがい知れない。
「国際マンガサミットフェスタ2008」はそれを盛り上げるための一般向けの併設イベントである。国立京都国際会館で、原画展示・公開アトリエ・協賛団体のブース・ステージでのオークションなどのイベントがあり、もう一つの会場京都国際マンガミュージアムでも特別展「世界のマンガ事情−サミット・オブ・マンガ展」やコスプレ交流会などがある。
 で、フェスタの様子というと、先に回った国際会館は思ったより空いていて、そのあと行ったマンガミュージアムは今までに見たことないほど芋の子を洗うすごい混みようだった。実は、このフェスタは、京都市内の小・中・総合支援学校の児童・生徒へは、無料招待券が配布されていた。(保護者はいっしょに行くなら券を購入) そして、みんなマンガミュージアムへ行ったが、国際会館までは行かなかったのか。国際会館は遠いもんな。この動員は、マンガミュージアムの現場を混乱させただけで、失敗だったように思う。2日間だけのイベントにいったい何枚まいたんだ? せっかく外国からマンガ家さんが来ているのに、あんなおしあいへしあいで、廊下まで座り込んでマンガを読んでいる状況で、ゆっくり施設を見学も出来なかったんじゃないか。いつもは興業が始まったら締め切る紙芝居部屋もすし詰め状態のうえ、途中で出入りしている。館内ではあちこちで写真を撮っている人がいる。その半分は外国からのお客さんのようで悪気はないのだろうが、でも、コスプレを撮るのはいいとしても、作品はいかんだろうと思ったが、もしかして期間中は館内撮影OKだったのか?
 前後したが、先に行った国際会館は広すぎて、あまり予習をしてなかったので、ウロウロしてしまったが、原画展示の会場を目指した。……が、原画展示は本当のナマ原稿じゃなかった。どこにも説明がなかったが、竹宮惠子さんがよく開催している「原画’(ダッシュ)」だと思う。限りなく原画に近づけた高級パソコンプリントだ。鉛筆書きのセリフや青いアタリ線や切貼の跡などははっきり写っているが、スクリーントーンの切り跡はない。最近はCGも増えて、原画がない原稿もあるので、仕方ない部分もあるが、やっぱりちょっとガッカリ。みんな、それでもいいのかな? まあ、この原画展には、中に監視員の人もいなくて、こういう状況でナマ原稿は危なくて展示できないか。しかし、どこをみても「原画展」としか書いてなくて、複製(=「原画’(ダッシュ)」)だという説明がない。ちょっとタイトルに偽りありじゃない? それと、ひとりあたりカラー原稿1枚・白黒原稿1枚の構成なのだが、ベテランのマンガ家の方も多いので、その原稿の初出年か執筆年を記しておいてほしい。加えて、日本のマンガ家さんの作品は何の順番で並んでいるの? 途中まで名前の50音順かと思ったが、全部がそうではないようだし。少女マンガも少年マンガも風刺マンガもジャンルごちゃごちゃにならんでいるし、時代もバラバラ。なんだか、全体的に「素人をなめるなよ」と思わないでもない、手抜きさを感じた。
 ちょうど原画展に入ろうとしたあたりで、シンポジウムが終わったのか、ネームプレートを首からさげた人たちがゾロゾロ奥の部屋から出てきた。「おお、SF大会みたいだ」と思ったけど、やっぱり雰囲気がまるでちがう。SF大会はファンダム主催で、プロのゲストとみんないっしょになごやかに混じっているのだが、国や公共団体など錚錚たるメンバーが実行委員会に名を連ねているこの大会は、プロと一般の接点がほとんどない。サミットなんだからしかたないか。
 というわけで、付録のイベントはやっぱり付録だった。けど、行ってみて、そういうもんだといううことがわかっただけで利点とするか。

« 映画『カンフー・パンダ』 | トップページ | 「航空祭 in KOMATSU」(これも長文になってしまった) »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/42487731

この記事へのトラックバック一覧です: 「国際マンガサミットフェスタ2008」(ちょっと長文):

« 映画『カンフー・パンダ』 | トップページ | 「航空祭 in KOMATSU」(これも長文になってしまった) »