2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« マンガ『インド夫婦茶碗』11巻と『昭和のこども』1巻 | トップページ | 訃報続き »

2008年7月 4日 (金)

マンガ『今日の早川さん』第2巻

 『今日の早川さん』 coco著 (早川書房)
ホームページの掲載が続いているから、いつかは出るだろうと思っていたが、意外と早く出た。HP以外にも、「SFマガジン」や「ダ・ヴィンチ」などにゲスト出演していたのも收録している。いつのまにかキャラが増えていて、延流(のべる)ちゃんの弟・紙葉(しよう)くんとか、フネちゃんの従妹(ということになっている)テン子ちゃんとか、フネちゃんのバイト先のご主人・与田(よだ)さんとかが加わっている。
あいかわらず偏ったSF・ホラー系の蘊蓄が満載で、「この内容で一般ウケするか?」と思いながら、けっこうたのしい。CGの絵はすっきりとキレイ。CGはコピー&ペーストが得意なので、人物の配置をかえずに、ちょっと表情をかえることで4コマで言葉のツッコミ漫才ができる。特性をとらえたいい手法かも。
 実は、この第2巻は、限定版と通常版の2種類がある。限定版には、「早川さん読書セット」が付いている。(文庫本サイズのブックカバーとしおりが5種) SF・ホラー系の読書はやっぱり文庫が基本だね〜と思ってしまった。
 私の行った書店では、限定版が売り切れていて、通常版しか並んでいなかった。一瞬、他の書店に回ろうかとも思ったが、尋ねた店員さんが気軽に「取り寄せしますよ」と言ってくれたのと、その書店が近隣ではいちばんオタク仕様なので、ここになければ他にもない可能性が強い」と思ってお願いした。3日ほどで連絡が入り、めでたく限定版を入手した。

« マンガ『インド夫婦茶碗』11巻と『昭和のこども』1巻 | トップページ | 訃報続き »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/41736456

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『今日の早川さん』第2巻:

« マンガ『インド夫婦茶碗』11巻と『昭和のこども』1巻 | トップページ | 訃報続き »