2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« マンガ『鋼の錬金術師』19巻 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』11巻と『昭和のこども』1巻 »

2008年6月27日 (金)

マンガ『番線』と『配達あかずきん』

 どちらも、『暴れん坊本屋さん』で本好き読者のハートをつかんだ久世番子さんのコミックス。同時発売だったかとあらためて見てみると、『番線〜本にまつわるエトセトラ〜』が4月15日発行、『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ①』が3月10日発行だった。(どちらも新書館刊) でも、買ったのは『番線』のほうが先。というより、『配達あかずきん』は買うつもりがなかったのだ。じゃ、なぜ買ってしまったかというと、両方買って応募すると、「本棚からぼた餅」という非売品の小冊子が全員サービスでもらえるのだ!(300円分の定額小為替がいるが) それにつられて、つい両方買ってしまった。出版社の販売戦略の勝利か。「本棚からぼた餅」は11月発送らしいから、忘れた頃に届くのかなあ。

 『番線』は、これまた本ネタのエッセイマンガだが、装幀の醍醐味や、収納の苦労や、写植の妙技や、国立国会図書館のダンジョンや、校正の奥深さが描かれている。描き手をはじめ、出版社、書店、図書館等々、本に関わる仕事をしている人はかき集めればけっこういるわけで、商売道具として以上に本に愛着をもっている人も多い。まさに、本ネタは尽きまじ。
 かたや、『配達あかずきん』は、本屋さんを舞台にした連作ミステリー。ナゾをとくヒントに本ネタをからませているのだが、正直ちょっとしんどい。苦労して謎解きをしているが、その分ストーリーに余裕がない。

« マンガ『鋼の錬金術師』19巻 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』11巻と『昭和のこども』1巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/41659937

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ『番線』と『配達あかずきん』:

« マンガ『鋼の錬金術師』19巻 | トップページ | マンガ『インド夫婦茶碗』11巻と『昭和のこども』1巻 »