2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 演劇:維新派「聖・家族」 | トップページ | マンガ『あぶな坂HOTEL』 »

2008年5月14日 (水)

映画3連敗

3月・4月はオモテ稼業が忙しいからといって、休日に何もしないのもむなしいし、たまたま観たい映画がいくつかあったので、平日のレディースデイの時や、年間会員になって回数券を先に購入してる映画館にかかっている時に観に行った。
『ダージリン急行』(京都シネマ)
『ジプシー・キャラバン』(みなみ会館)
『非現実の王国で —ヘンリー・ダーガーの謎—』(みなみ会館)
…………全て悪くない映画なんだが、疲れている時に観る映画ではなかった。すべて、途中に寝てしまったのよ! 体調を考えてチョイスすべきだったと反省。ロードムービーやドキュメンタリーは危険だ。

 『ダージリン急行』は、ちょっとエキセントリックな3兄弟がインドの大地を列車で旅行するアメリカ映画。インドが舞台ってことで、観にいったんだが、3人の性格がフツーじゃなくて、展開も凝っているのだが、それほど大事件!やクライマックス!がないので、つい油断して意識不明に。
 『ジプシー・キャラバン』は、インド・マケドニア・ルーマニア・スペインのジプシーが集まって、アメリカ国内の公演キャラバンをうつ。それをドキュメンタリーで追いながら、彼らが自分たちの生活や生き方を語るのを、祖国の映像を交えながら描くドキュメンタリー。ジプシー(彼らは自分たちのことを「ロマ」という)は、私が10代の頃、インドにハマる前からイメージ的に好きだった。そんなに深く考えてなかったから、なんかあの絵になる雰囲気が好きだったんだろう。その後、ロマの発祥の地がインドのラジャスターンだと知って、5年前にはそこに旅行もできたし、なんやかやとやっぱり興味は続いている。この映画の中では、マケドニアの歌姫(といっても貫禄あるおばさん)・エスマがいちばん存在感がある。ポルトガルのファドにも似た歌声が印象的。
 『非現実の王国で』のヘンリー・ダーガーのことを知ったのは、つい最近のことだ。よしながふみの対談集『あのひととここだけのおしゃべり』(太田出版)の中に出てきて、世の中にはへんな人がいるのだと知って、『ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で』(作品社)という本が出版されているとわかったのだが、あまりに高いので(6825円)、とりあえず図書館で品定めをして、良ければ買おうと思ったが、なぜか予約が並んでいて、本を見る前に映画が公開され(だから予約があったのか)、先に映画を観たという次第。あの絵を、ペープサートのように動かして。やっぱりワケワカメななんともいえない映画だった。

« 演劇:維新派「聖・家族」 | トップページ | マンガ『あぶな坂HOTEL』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/41201211

この記事へのトラックバック一覧です: 映画3連敗:

« 演劇:維新派「聖・家族」 | トップページ | マンガ『あぶな坂HOTEL』 »