2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 巨星墜つ −追悼・アーサー・C・クラーク− | トップページ | 春の狂乱 »

2008年3月31日 (月)

泉涌寺・東福寺・石峰寺・伏見稲荷

「兄ちゃんの受験が終わったら、温泉に行きた〜い!」とほざいていた自分だが、オモテ稼業の事情でとても無理な状況で、世間の春休み中に2連休が設定できなかったので、この春は近所で休日を過ごしている。しかし、折しも花粉の季節。温泉よりも「花粉症のない処に行きた〜い!!」と思う今日この頃である。

その花粉症の薬の眠気と連日の残業にはばまれて、またまたUPするのが遅れてしまったが、めずらしくみんなの休みがそろった16日に、泉涌寺・東福寺・石峰寺・伏見稲荷に行ってきた。
3月の14・15・16日に泉涌寺と東福寺に涅槃図が特別公開されていた。家から歩いていけるご近所なのに、私は昔々に一度だけ行っただけだ。ダンナにいたっては、「子どもの頃行ったけど、泉涌寺が有料になって行ったことがない」とのたまっている。
同時期に公開なので、2つの涅槃図を見比べてみるとおもしろい。泉涌寺のほうが色が鮮やかで、東福寺のほうが渋め。大きさは泉涌寺の涅槃図がひときわ大きいらしいが、つり上げても全部は見れずに、床まで引きずっていて、下3分の1ぐらいは巻いたままで見られない。その代わり、全体図も含む涅槃図絵はがきセット(800円)が売っていた。撮影も禁止。
東福寺の方の涅槃図は、本堂で公開されていたが、全体が見れた。拝観料がいらないし、撮影もOK。龍の天井画もなかなかの迫力だった。境内では、甘酒が振る舞われていた。生姜が効いていておいしい。三門も見学したが、楼上の仏像が、なかなかおどろおどろしくてよろしい。(こちらは有料)
 そのまま京阪電車の鳥羽街道駅にでて、深草駅まで乗って、石峰寺に向かう。このお寺は画家の若冲のお墓と五百羅漢が有名だが、それほど大きな寺ではなく、それほどメジャーな観光地ではない。ごくフツーの民家の間に建っている。五百羅漢は私好みのいい雰囲気。「千と千尋の神隠し」か「トンマッコルへようこそ」にでてくる道祖神のイメージの原点はこのあたりか。
 そのあと、伏見稲荷大社まで歩く。正面からでなく脇の方から入って、タクヤが1月に学童保育で初詣に行って、うどんを食べたという茶屋をめざす。……遠い! 遠いぞ!! 朱い鳥居が続く中を奥社から三つ辻を過ぎて、四つ辻のまで登って、やっとその茶屋に着いた。やっぱり石段はきついわ。帰りに、キツネのみそせんべいを買って帰る。
 よく歩いた日だった。

« 巨星墜つ −追悼・アーサー・C・クラーク− | トップページ | 春の狂乱 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/40711341

この記事へのトラックバック一覧です: 泉涌寺・東福寺・石峰寺・伏見稲荷:

« 巨星墜つ −追悼・アーサー・C・クラーク− | トップページ | 春の狂乱 »