2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 雪の萬福寺 | トップページ | 映画『スウィーニー・トッド —フリート街の悪魔の理髪師—』 »

2008年2月25日 (月)

「阿含の星まつり」初体験

 長年どんなものか気になっていて、去年は日にちを1日間違えてあえなく挫折した「阿含(あごん)の星まつり」に、今年初めて行ってみた。
 京都にいると、TVでも「阿含の星まつりに行って、世界平和を祈ろう」(だっけ? 以前は「ハッピーになろう」というフレーズもあったような気もする)というCMが流れてきて、信者でなくても、「いったいなに?」と気になる代物だった。旧暦のトシの初めに護摩を焚いて、世界平和を祈るという行事のようである。
 京都駅からシャトルバス(有料)がでていて、会場に向かった。なかなかすごい人出で、全国各地から信者さんがバスツアーを組んでやってくるようだ。世話役の地元の信者さんが来る人たちを「お帰りなさい」と迎え、参拝が終わって帰る人を「いってらっしゃい」と言って見送っている。
だいたいコースが決まっていて、あちこちで護摩札やお守り札を売っていて、「結界」と呼ばれる大きな「両界護摩壇」で炊きあげられている。なかなかの迫力。
本殿はすごくきれいで新しめだった。前に神楽舞台があった。
 ただ、私等のようなカメラをもった冷やかしや観光客は、ほとんど見かけなくて、みんなマジメな信者さんのようで、なんか申し訳がなかった。すみません、もうオジャマしないようにします。
 このように人が集まるようになったのは、最近なのだろうか? けっこう山の中で、折しも2,3日前雪が降って、ぬかるみができて泥はねがするような足下の悪さだったが、みなさんわりと軽装で、この時期にハイヒールやおしゃれな街着の人も見かけた。また、会場の担当者もあまり大人数の参加者に処理に慣れていないのか、列の並ばせ方や、車が狭い参道を通過するときの歩行者の捌き方がおぼつかなかった。コミケのスタッフの手際を見慣れていると、ちょっとじれったさがあった。

« 雪の萬福寺 | トップページ | 映画『スウィーニー・トッド —フリート街の悪魔の理髪師—』 »

イベント・アミューズメント」カテゴリの記事

コメント

冷やかしでも見に行かれたことが凄いですね。実は、世界からの方が阿含宗への評価はすでに高く、国内においても、国から授けられる、ある賞を戴いている宗教団体なのでここは大丈夫ですよ。先見の明があるのかもしれませんね。何度でも気が向けば、行かれてみてはいかかでしょうか。強制はしませんけど(笑)。私は、今年(2011)に行ってみました。良かったですょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125914/40254963

この記事へのトラックバック一覧です: 「阿含の星まつり」初体験:

« 雪の萬福寺 | トップページ | 映画『スウィーニー・トッド —フリート街の悪魔の理髪師—』 »